はじめて学ぶ日本語学―ことばの奥深さを知る15章

  • 27人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 益岡隆志
  • ミネルヴァ書房 (2011年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623061211

はじめて学ぶ日本語学―ことばの奥深さを知る15章の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [請求記号]8100:1094

  • 日本語学の入門書としては、知る限り一番いい。
    一番いいところは、編集方針として各分野の担当者がとっておきのテーマに絞って書いているところ。各分野の面白さを知ることができる。さらに、各章の読書案内が充実しているので、興味のある分野へ次の一歩が踏み出せる。
    カバーしている分野は広い。文法プロパーだけでなく、対照言語学や日本語教育も扱っている。その代わり、文法プロパーは類書に比べて少ないかもしれない。生成文法に関しては『構造から見る日本語文法』などで補うとよい。

  • 母国語である日本語を研究するのにも様々な分野があり、それぞれが奥深いものだということがよくわかる本でした。

全3件中 1 - 3件を表示

益岡隆志の作品

はじめて学ぶ日本語学―ことばの奥深さを知る15章の作品紹介

私たちが日々接している日本語ってどんなことば?日本語の世界に秘められた魅力をさまざまな角度から学べるテキスト。日本語学の主要テーマを取り上げ、ことばを学ぶ面白さ、奥深さをわかりやすく解説した。

はじめて学ぶ日本語学―ことばの奥深さを知る15章はこんな本です

ツイートする