もっと知りたい!ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち (新しい発達と障害を考える本)

  • 40人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 内山 登紀夫  伊藤 久美 
  • ミネルヴァ書房 (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (55ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623065387

もっと知りたい!ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち (新しい発達と障害を考える本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子供のためのADHDのお友達の気持ちの解説。
    これは非常にわかりやすいし、
    各タイプを漫画形式で説明しているのでとてもよい。
    解決策の提示もよい。
    大人が初めてADHDについて知るよい初学本でもある。
    よい。

  • 違うシリーズも図書館で借りてみたいと思います。

  • こどもにADHDのことを説明する本。わかりやすくて、このシリーズおすすめです!

  • 言葉は聞いたことがあっても、その子どもが学校生活の中でどんな行動をとっていて、クラスの子どもたちや先生の目にどのように映るのか、具体的なケースで説明されており想像がつきました。

  • 閲覧室  378||ウチ||4

  • わかりやすい

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
三浦 しをん
池井戸 潤
朝井 リョウ
朝吹 真理子
有効な右矢印 無効な右矢印

もっと知りたい!ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち (新しい発達と障害を考える本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

もっと知りたい!ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち (新しい発達と障害を考える本)の作品紹介

あれれれ?わざとじゃないんだ…感じ方がわかると行動の意味もわかる。特別支援教育に長い経験をもつ編者の、実践に基づく支援策がふんだんに。

もっと知りたい!ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち (新しい発達と障害を考える本)はこんな本です

ツイートする