孝謙・称徳天皇:出家しても政を行ふに豈障らず (ミネルヴァ日本評伝選)

  • 29人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 勝浦令子
  • ミネルヴァ書房 (2014年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623071814

孝謙・称徳天皇:出家しても政を行ふに豈障らず (ミネルヴァ日本評伝選)の感想・レビュー・書評

  • 女性の積極的な登用に強い意志を感じます。権力闘争の激しい天平ですが、ここまで執拗に足を引っ張る者がいるのに驚きです。父聖武が掲げた鎮護国家の理念を引き継ぎ、絶対的な孤独のなかで、矜持を持ち、思索を重ね、行動に移した異色の女帝でした。丹念に調べられていて、孝謙・称徳天皇に対する理解が深まりました。やはり対で理解すべき道鏡の考えや行動も書いて頂き、天平を立体的に知りたくなりました。

  • 玉岡かおるの新刊に興味があるのだが、孝謙・称徳という女帝について何にも知らないものだから、予習がわりに読んでみた。
    いやあ、予想以上にドラマチックな方なのね。
    楽しみ。

  • 今書かれる古代史の評伝は、やはりこの時代を反映するものになるのだなあ。

  • 孝謙・称徳天皇(718~770、在位:749~758、764~770)
    異例の女性皇太子を経て即位し、藤原仲麻呂ら多くの政敵と闘い、父聖武天皇の仏教政策を継承しつつも、道鏡を重用し独自の政治を行った孝謙・称徳天皇。本書では「王権と仏教」「女性と仏教」という視点から、その実像に迫る。

    [ここがポイント]
    ◎ 道鏡を重用して独自の政治を行った背景に何があったのか。
    ◎ 「王権と仏教」「女性と仏教」という視点から実像に迫る。
    恵美押勝の乱に勝利した孝謙太上天皇は、称徳天皇として重祚するが、宣命第二十八詔で「出家しても政を行ふに豈障るべき物には在らず」と述べ、前代未聞の出家天皇としての政治を宣言した。これはまさに称徳による最終的な「崇仏天皇」の確立であった(本書184〜185頁参照)

全4件中 1 - 4件を表示

孝謙・称徳天皇:出家しても政を行ふに豈障らず (ミネルヴァ日本評伝選)を本棚に登録しているひと

孝謙・称徳天皇:出家しても政を行ふに豈障らず (ミネルヴァ日本評伝選)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

孝謙・称徳天皇:出家しても政を行ふに豈障らず (ミネルヴァ日本評伝選)はこんな本です

ツイートする