辰野金吾 (ミネルヴァ日本評伝選)

  • 23人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • ミネルヴァ書房 (2015年3月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623073603

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東山 彰良
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

辰野金吾 (ミネルヴァ日本評伝選)の感想・レビュー・書評

  • 母校(唐津藩校)出身の偉人なので読んでみた。
    東京駅のモデルはアムステルダム駅だとはかり思っていたがそうではないらしい。(オランダには行ってもないと。)
    偉人なりに挫折があったり、権力闘争があったりした中で、後世に永く残る作品を世に出したのは、男子の本懐というべきか。本人は家族に「建築家にはなるな。」と言い残したそうだが。

  • 辰野金吾(一八五四~一九一九)明治・大正期の建築家。
    建築界の礎を築き、東京駅や日本銀行本店など日本を代表する建築作品を設計したことで知られる辰野金吾。ヨーロッパで学んだ〈美術建築〉という考え方をどう日本に根付かせようとしたのか。新たな資料を元にその足跡を丹念に辿りなおし、従来とは異なる辰野像を提示する。

    [ここがポイント]
    ◎ 豊富な建築写真や資料を使い、辰野が建築に賭した生涯の全体像を描き出す。
    ◎ 〈美術建築〉とは何であったのか。その思想が形成された欧州留学の経験に光を当てることで辰野が目指したものに迫る。

全2件中 1 - 2件を表示

辰野金吾 (ミネルヴァ日本評伝選)はこんな本です

辰野金吾 (ミネルヴァ日本評伝選)の単行本

ツイートする