骨とはなにか、関節とはなにか:骨と関節の不思議な物語 (シリーズ・骨の話)

  • 14人登録
  • 2レビュー
著者 : 伊藤宣
制作 : 伊藤 宣 
  • ミネルヴァ書房 (2016年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623077205

骨とはなにか、関節とはなにか:骨と関節の不思議な物語 (シリーズ・骨の話)の感想・レビュー・書評

  • 著者 伊藤宣 監修・著
    ジャンル 自然科学
    シリーズ 自然科学 > シリーズ・骨の話 1
    出版年月日 2016年05月15日
    ISBN 9784623077205
    判型・頁数 4-6・368ページ
    定価 本体2,200円+税
    在庫 在庫あり

    現役の整形外科医が語る「骨と関節の話」。一般読者も、骨・関節で悩む患者さんも、これから整形外科医になろうとしている学生たちにも必読の書。「これって何?」という不思議を解明しながら、読む人を、次の世界、次の世界へと誘ってくれる。文章は読みやすいが、正確さは落としていない。また図による解説を多く掲載。図によって骨の形、関節の形、さらには細胞の形まで見ることができる、図の正確さと美しさにも注目。

    [ここがポイント]
    ◎ 身体を支える骨、その骨をスムースに動かす関節が、いかに日常生活を送るうえで大切かを解く
    ◎ 「シニア時代」(団塊の世代が中心になる時代)を迎えるにあたり、日常生活をうまく過ごすために、骨と関節のことを外傷・病気はもちろん、歴史・生物学の知識を駆使して語る
    http://www.minervashobo.co.jp/book/b222293.html

全2件中 1 - 2件を表示

骨とはなにか、関節とはなにか:骨と関節の不思議な物語 (シリーズ・骨の話)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

骨とはなにか、関節とはなにか:骨と関節の不思議な物語 (シリーズ・骨の話)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

骨とはなにか、関節とはなにか:骨と関節の不思議な物語 (シリーズ・骨の話)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

骨とはなにか、関節とはなにか:骨と関節の不思議な物語 (シリーズ・骨の話)の作品紹介

現役の整形外科医が語る「骨と関節の話」。一般読者も、骨・関節で悩む患者さんも、これから整形外科医になろうとしている学生たちにも必読の書。「これって何?」という不思議を解明しながら、読む人を、次の世界、次の世界へと誘ってくれる。文章は読みやすいが、正確さは落としていない。また図による解説を多く掲載。図によって骨の形、関節の形、さらには細胞の形まで見ることができる、図の正確さと美しさにも注目。

骨とはなにか、関節とはなにか:骨と関節の不思議な物語 (シリーズ・骨の話)はこんな本です

ツイートする