宗教とは何か:根源的生命への帰一 (小林道憲〈生命の哲学〉コレクション)

  • 3人登録
著者 : 小林道憲
  • ミネルヴァ書房 (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623077298

小林道憲の作品

宗教とは何か:根源的生命への帰一 (小林道憲〈生命の哲学〉コレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

宗教とは何か:根源的生命への帰一 (小林道憲〈生命の哲学〉コレクション)の作品紹介

宗教は自己を超える大いなるものへの畏怖と帰一の感情である。この原初的な宗教感情を、原始宗教や古代宗教の底流に見、宗教が誕生してくる源泉を探る。より高度な宗教的世界観を創造した仏教やキリスト教など高度宗教は、この宗教感情を、死や苦、罪や悪の自覚を通してより深めた。あらゆる宗教に一貫して流れる宗教的真実の意味を理解し、宗教の本質について考察する。生命論的世界観からの宗教の解釈。

ツイートする