はい。赤ちゃん相談室、田尻です。:こうのとりのゆりかご・24時間SOS赤ちゃん電話相談室の現場 (シリーズ・福祉と医療の現場から)

  • 27人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 田尻由貴子
  • ミネルヴァ書房 (2016年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623078127

はい。赤ちゃん相談室、田尻です。:こうのとりのゆりかご・24時間SOS赤ちゃん電話相談室の現場 (シリーズ・福祉と医療の現場から)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 熊本県にある慈恵病院に設置された「赤ちゃんポスト」の真実。助けられる命の尊さ。
    全国に広がれば良いのになぁと個人的に思ってみたり。
    これを読んでドラマ「こうのとりのゆりかご」も観てしまった。

  • 369.41||Ta26

  • 本書は「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)設立の立役者の一人である、当時看護部長の著者が「生命を繋ぐ」ことについて語った本である。

    一章は著者の生い立ち。
    二章では「こうのとりのゆりかご」の誕生について。
    三章ではそれの仕組み。
    四章では妊娠、出産、育児に対するSOSについて。
    五章では子供達への支援。
    六章では総括として「命のバトン」を繋ぐこととは何かを語っている。

    妊娠、出産、そして育児は思いがけないことの連続だ。
    辛い事も悲しい事も、迷う事も苛立つ事も。
    本当はそれがどれだけ奇跡なのか、その素晴らしさに心を打たれ、幸せを感じるもののはずなのに、多くの場合、母親一人に負担がかかることによって、それらは「辛いもの」へと変貌してしまうのだ。

    「こうのとりのゆりかご」に対する批判について、まっとうな理由であればその意見も正しいと言える。
    しかし、生みの親が育ててあげるのが一番だ、という言葉や「母性」神話、障害児、若年妊娠など、母親を追い詰めるものは決して少なくない。
    そしてどれも切実なのに、その不安に答えてくれる場所や人は決して十分とは言えない現状がある。
    著者はそんな親に対して親身に答えたい、と語っているが、いったいどれだけの人がそんな人や場所に行きつけるだろうか?
    やっとの思いで、電話をかけても、「混み合っております」「時間外です」というデジタル音声の冷たいアナウンス.....
    これによって絶望的になってしまう親の気持ちを反対する人々はどう受け止めるのか。

    子供は皆愛されて育てられなければならない。
    しかし、そうではない場合、どれだけ私たちは社会でそんな子供達を助けられるのか。
    かわいそうだ、その言葉だけではない手助けを、子供も、そして親も心から望んでいる。

全3件中 1 - 3件を表示

田尻由貴子の作品

はい。赤ちゃん相談室、田尻です。:こうのとりのゆりかご・24時間SOS赤ちゃん電話相談室の現場 (シリーズ・福祉と医療の現場から)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はい。赤ちゃん相談室、田尻です。:こうのとりのゆりかご・24時間SOS赤ちゃん電話相談室の現場 (シリーズ・福祉と医療の現場から)の作品紹介

2007年5月、「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」の運用が熊本ではじまった。この現場にいて考えたことを伝えたいという思いから本書は生まれた。長年の看護師・助産師・保健師としての経験をふまえ、開設からの八年間にかかわった「かけがえのない生命」についての思いをつづる。本書を、妊娠・子育てに悩む人をはじめ、その周りの人々を含めた若い人たちが考えるきっかけとしてほしい。

はい。赤ちゃん相談室、田尻です。:こうのとりのゆりかご・24時間SOS赤ちゃん電話相談室の現場 (シリーズ・福祉と医療の現場から)はこんな本です

ツイートする