俳優修業 第1部

  • 44人登録
  • 4.23評価
    • (6)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 山田 肇 
  • 未来社 (1955年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784624700232

俳優修業 第1部の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 河合隼雄が何度読み返しても発見があると勧めていたように思う。
    ミルトン・エリクソンもそうだけれど、精神に造詣が深い人は身体の精神に与える影響への関心もとても深い。

    「俳優修業」は演じる事と役を生きる事が絶対的に違うという事を何度も生徒に強調する。

    ・「鏡」を使うのは、常に用心しなければいけない。それは、俳優に、彼自身としても、また役としても、彼の魂の内面よりは、外面に注意する事を教えるものだ。

    ・精神の動きがあれば、止まっていてもそれは動的であって、それを無理に「表現」する必要はない。

    ・君は他人の想像上のフィクションを信じ込み、そいつを生かすという事が、つまらない事だと思うのかね?君には誰か他人の暗示したテーマに基づいて構想する事が、自分でテーマを考え出すよりもずっと難しいという事が分からないのだろうか? … 我々は作家の台詞のなかに我々自身の思想を注ぎ込むし、劇中の他の人物や彼らの生活の諸条件に対して、我々自身の関係を打ち立てる。我々は我々が、作家や演出家から受け取るすべての材料を、我々自身の手で濾すのである。我々はそれらを、我々自身の創造によって捕捉してはそれらを加工するのだ。 … 我々の情緒は誠実で、とどのつまりは我々は、本当に生産的な活動をするわけである。

    作者のスタニスラフスキィが俳優の学校でどんな教えを受けたのか、つづられる。スタニスラフスキィの演技を知っている人なら、もっと楽しめたと思う。私はスタニスラフスキィを知らないが、それでも示唆的だった。

  • 所々にいい言葉がある。演劇は深いなー。

  • 1369

  • 神ひろしが最初に出会った演劇書!俳優になりたい人の基本です!

  • 本物を目指すなら必ず読め!

全5件中 1 - 5件を表示

スタニスラフスキイの作品

俳優修業 第1部を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

俳優修業 第1部はこんな本です

ツイートする