ストイックなコメディアンたち―フローベール、ジョイス、ベケット (転換期を読む)

  • 16人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 高山 宏  Hugh Kenner  富山 英俊 
  • 未来社 (1998年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784624934224

ストイックなコメディアンたち―フローベール、ジョイス、ベケット (転換期を読む)の感想・レビュー・書評

  • やけに科学めいた単語が出てくるコメディの解説書。ちょっと脚色めいてて、混乱してる。フローベールの解説は結構すき。

  • フローベールは百科事典にヒントを求め、ジョイスはアルファベットにまで並び方を追求し、ベケットは言論・思考の袋小路へ。

    この実験的手法が1960年代だというのが驚きだ。

    かれらがタブレットを手にし、あらゆるアプリを駆使したら、どんな驚くべき文学が生まれるだろう。

    先人に負けじと現代の私たちも知恵を働かせねば。
    愉快なやる気も与えてもらえた気がする。

全2件中 1 - 2件を表示

ストイックなコメディアンたち―フローベール、ジョイス、ベケット (転換期を読む)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ストイックなコメディアンたち―フローベール、ジョイス、ベケット (転換期を読む)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ストイックなコメディアンたち―フローベール、ジョイス、ベケット (転換期を読む)を本棚に「積読」で登録しているひと

ストイックなコメディアンたち―フローベール、ジョイス、ベケット (転換期を読む)の作品紹介

21世紀を予見する批評のスタイル。グーテンベルクによる印刷術の発明いらい、人類の知は書物というメディアのなかに封じられた。小説もまた、閉ざされたテクノロジー空間のなかで、有限な要素を無限に組み換えていく機械である。「電子を通して近代文学を書き直す」作業の出発点となった先駆的名著、待望の邦訳。

ストイックなコメディアンたち―フローベール、ジョイス、ベケット (転換期を読む)はこんな本です

ツイートする