現代素粒子物理 実験的観点からみる標準理論

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 森北出版 (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784627155817

現代素粒子物理 実験的観点からみる標準理論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【429.6/G34】税込 4,104円(本体価格 3,800円)
    http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB22702294

    http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB22702294

    H29_7月選書

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

現代素粒子物理 実験的観点からみる標準理論を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

現代素粒子物理 実験的観点からみる標準理論を本棚に「積読」で登録しているひと

現代素粒子物理 実験的観点からみる標準理論の作品紹介

パリティ対称性の破れ,CKM行列,ニュートリノ振動,ヒッグス粒子――

このような性質や現象は,どのような理論によって導かれるのか?
そしてそれらは,どのような実験によって実証されるのか?

実験の方法や観測データの意味を知ることで,素粒子物理の理論を肌で理解することができる.
実験的観点を織り交ぜながら標準理論の成立と展望を解説する一冊.

現代素粒子物理 実験的観点からみる標準理論はこんな本です

ツイートする