続・失敗百選 - リコールと事故を防ぐ60のポイント

  • 114人登録
  • 4.47評価
    • (8)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 中尾政之
  • 森北出版 (2010年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784627667716

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
佐々木 圭一
デール カーネギ...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

続・失敗百選 - リコールと事故を防ぐ60のポイントの感想・レビュー・書評

  • 事例の羅列が面白い。ビジネス上の失敗と東大学生の失敗事例が良いアクセント。
    二つの要求に一つの機能で応えようとすると、例えばボルトなら締め方の角度などが性能を満たすためにはシビアな条件で使う必要が出たり、一つの要求が変化してそれに対応しようとした時にもう一つの要求の事を忘れたり、両方の要求に対応する事が難しくなったりする。それを干渉設計と呼び、経年後に事故を引き起こす大きな要因の一つとなっている。

    ・国民のリスクとは何であろうか。現代の日本では起きそうもない戦争や飢饉、天災、伝染病などを除くと、次の七つに分類できると筆者は考える。不慮の事故死は年間4万人だが、これがリスク全体のパイと考えよう。まず、
    (1)交通事故
    (2)家庭内の事故
    (3)ハイリターンの事故
    が各々一万人ずつ亡くなるほど大きい。
    (2)は階段から転落、風呂場で転倒、餅で窒息、が三大事故シナリオである。(3)は登山、水泳、スキーなどのスポーツ事故や、海外旅行、エステ、ギャンブル、宴会のときの事故などである。その次のリスクは被害者が少なくなって、
    (4)労働災害
    (5)サービスの不具合(とくに医療)
    (6)インフラの事故
    (7)民生品の事故
    と続き、合わせて1万人である。本書は、実はこの残りの弱小4つのリスクに注目した本に過ぎない。年間に死亡する人は110万人いるからその1%に注目したわけである。自殺3万人と事故4万人を除くと、今や100万人近くは天命と言えそうな病死で亡くなっている。そう考えると日本は結構、人災の少ない安全な国であると言えよう。

  • 設計の仕事をするなら読んでおくべき。ここに書かれている失敗を繰り返すのは、無知、能力不足と言われても仕方がない。例えば、干渉設計の悪について繰り返し書かれているが、最近も干渉設計しようとしている人を見かけた。

  • 60の分類で事例を紹介している。
    とてもありがたい。
    「失敗百選」の41の分類
    1跪性破壊
    2疲労破壊
    3腐食
    4応力腐食割れ
    5高分子材料
    6バランス不良
    7基礎不良
    8座屈
    9共振
    10液体振動
    11キャビテーション
    12衝撃
    13強風
    14異常摩擦
    15特殊使用
    16落下物/付着物
    17逆流
    18粉塵/動物
    19誤差蓄積
    20油脂引火
    21火災避難
    22天災避難
    23跪弱構造
    24フィードバック系暴走
    25化学反応暴走
    26細菌繁殖
    27産業連関
    28フェイルセーフ不良
    29待機系不良
    30入力ミス
    31配線作業ミス
    32配管作業ミス
    33自動制御ミス
    34流量設計
    35だまし運転
    36コミュニケーション不足
    37安全装置解除
    38違法行為
    39企画変更の不作為
    40倫理問題
    41テロ
    に対して、続で新たに加えた19の分類は
    誤操作発生
    過負荷みすごし
    冷却不足・加熱
    隠れ機能に干渉
    改良が裏目
    システムダウン
    軽率行動
    マニュアル無視
    無思考状態
    天災避難
    共感不足
    ビジネス環境変換
    組織間の齟齬
    想定外の顧客反応
    要件定義不足
    新技術への挑戦が恨め
    社会構造の疲労
    絶縁劣化
    自己訓練不足
    緩み発生

    事例によっては内容が新聞記事程度で残念なものも。
    分析も専門家によらない記述があるのが気になる。
    それぞれの事故、不具合の専門家に記述してもらうとよいかも。

    www.morikita.co.jp/support/

  • 請求記号: 504||N
    資料ID: 11102265
    配架場所: 工大選書フェア

  • 続とあるとおり、失敗集の第2弾。お金にならないところをどれくらいできるかが課題であろう。
    「法律は安全に優先する」状況のままだと、何度でも失敗してこの本の第3弾が出るだけだが。

  • 「人の失敗の原因には41種類ある」というような、前作にはあったキャッチフレーズみたいなものはないが、前作が出版されてからの失敗データベースの充実ぶりがわかる本。また、コンピュータを操作する事で起こる失敗事象を取り上げられている所が進化している所か。

  • 中尾節健在。大学の安全管理の話は耳に痛い。落ち目の研究室にならないようにがんばろう。

  • 和図書 504/N41
    資料ID 2010104968

  • 失敗がない、「ものつくり」なんてものは、ありえない。
    しかし、失敗を未然に防ぐ努力や工夫をすることはできる。
    失敗した人は、自分の経験やノウハウを用いて、次につなげていくことができる。
    しかし、失敗の経験のない人やはじめてものづくりをする人は、失敗しなければいけないのでしょうか?
    事前に、失敗に関する経験やノウハウを知ることができたら、失敗を減らすことができるのではないでしょうか?

    本書は、そのような疑問に答えるべく、数多くの失敗事例とその原因について書かれた貴重な一冊です。

  • 他人事ではない!!
    2000年以降も結構しゃれにならない事故が起こっててぞっとします
    しかし、バルサン 冷殺ジェットでゴキブリ追い回しに夢中になりガスコンロにスプレーして発火、発売中止は大笑い♪

全13件中 1 - 13件を表示

続・失敗百選 - リコールと事故を防ぐ60のポイントを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

続・失敗百選 - リコールと事故を防ぐ60のポイントを本棚に「積読」で登録しているひと

続・失敗百選 - リコールと事故を防ぐ60のポイントの作品紹介

増え続ける製品事故とリコール問題-それは、複雑化する要求機能が生み出した"現代病"である。家電製品やソフトウェアなど、対象分野をさらに拡大。新たに集録した全191事例を徹底分析し、その原因と対策を探る。

続・失敗百選 - リコールと事故を防ぐ60のポイントはこんな本です

ツイートする