人狼知能 だます・見破る・説得する人工知能

  • 29人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 森北出版 (2016年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784627853713

人狼知能 だます・見破る・説得する人工知能の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★ベストプレゼン受賞本★
    将棋の次は「人狼」。AIは人をだませるのか。

  • 請求記号 798/To 68

  • 人狼と人工知能が好きな人にはたまらない内容。ただ、人狼を知らない人向けの説明が、詳しい人からすると冗長に見える。本としてどうこう、というより、人工知能がまだたどたどしい足取りで次に向かう先を示しているところが本書の最大の価値だと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

鳥海不二夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン ワ...
森田 真生
アディティア・Y...
有効な右矢印 無効な右矢印

人狼知能 だます・見破る・説得する人工知能を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人狼知能 だます・見破る・説得する人工知能を本棚に「積読」で登録しているひと

人狼知能 だます・見破る・説得する人工知能の作品紹介

◆AIの次なるチャレンジは「人狼」だ!◆
コンピュータを相手に人狼ゲームを楽しめる日はくるのか……?
「人狼知能大会」等で注目されるプロジェクト発の解説書。

村人にまぎれた人狼は誰か? 誰が嘘をついているのか? 自分の嘘がバレないようにどう取り繕うか? 
「だます」「見破る」「説得する」といった、人間ならではのコミュニケーションが戦略の鍵を握る人狼ゲーム。将棋・囲碁・早押しクイズなどとはまったく異なる、「社会的知性」を要求するこのゲームに、いま人工知能の研究者が着目しています。人狼をプレイするAIシステム(=人狼知能)はどのように実現でき、そして、どのように実社会で活かせるのでしょうか。

本書では、人狼ゲームを研究する意義・方法だけでなく、詳細な分析を通して見えてくる「そもそも人狼とはどのようなゲームなのか」についても詳しく説明。人狼ゲームの愛好家のあなたにも、きっと新しい発見があるはずです。
また、認知モデル構築・自然言語処理・エージェントロボットの開発など、多岐にわたる研究プロジェクトの全貌を紹介していきます。

◆人狼知能大会に参加しよう!◆
集合知的なAIの開発を目指し、著者らは年1回の「人狼知能大会」を開催中(第2回大会は2016年8月24日-26日開催予定)。本書を片手に、自分の「人狼知能」をつくって勝負してみてはいかがでしょうか。


「人狼知能は人工知能のひとつの新しいフロンティアである。… 本書では、人工知能研究者がどのように具体的な問題に取り組むか、どういった思考をするかが、具体的な事例を通じて分かりやすく示されている。… 著者らの人狼に対する愛を感じながら読んでほしい。」(東京大学特任准教授 松尾豊氏)

「人狼ゲームならではの『嘘をつく、見破る、説得する』という人間を真似たAIは面白いですね。応援しています。いつの日か人狼AIと対決してみたいです。」(ドラゴンクエストシリーズ ゲームデザイナー 堀井雄二氏)

人狼知能 だます・見破る・説得する人工知能はこんな本です

ツイートする