山靴の画文ヤ辻まことのこと

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 駒村吉重
  • 山川出版社 (2013年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634150249

山靴の画文ヤ辻まことのことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダダイスト辻潤と伊藤野枝に産まれた画家。もちろん、一筋縄ではいかない評伝。竹久夢二の息子との交流が、何だか胸を打つ。山を愛したひと。自分は、山には登れない。

  • 私は、辻まことの著作のファンであり、そういうバイアスのかかった感想にしかならない。
    で、率直に言えば面白かった。辻まことの子供達や友人等への精力的なインタビューで、彼の多様な人間性が少しづつ解きほぐされていくのは興味深い。それが、良いことか否か、意義のあることか否かは別として、人間はそのような野次馬根性を捨てきれない。その結果、ますます辻まことのことが知りたくなってしまう、この本に書かれていないことも含めて、というのは褒められることでは無いかもしれないが、とりあえず告白しておく。

  • 辻まことさん に関しては
    おもしろい絵を描く人だなぁ
    おもしろい文を書く人だなぁ
    という ぐらいのことだった

    しかし この一冊が
    これからの 辻まことさんの
    再読、再見を
    より豊かな
    おもしろい絵、おもしろい文
    にしてくれたような気がする

    楽しみが
    また ひとつ 増えました

  •  辻まことが好きで手に取った本だが、まことよりその父辻潤に焦点が合っているような気がする。有名な両親を持つと、比べられたりして本当に気の毒だ。そして、この本に登場した竹久不二彦氏の佇まいにとても心魅かれた。

全4件中 1 - 4件を表示

駒村吉重の作品

山靴の画文ヤ辻まことのことの作品紹介

稀代の「自由人」は本当に"自由"だったか。父は放浪のダダイスト辻潤、母は革命家・大杉栄とともに虐殺された伊藤野枝。多くの画文と逸話を遺した「辻まこと」がかかえていた"魂の苦痛"とは。開高健ノンフィクション賞受賞作家が描く、父と子百年の物語。

山靴の画文ヤ辻まことのことはこんな本です

ツイートする