日本人カメラマンの見た幕末明治 (レンズが撮らえた)

  • 19人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 小沢 健志  高橋 則英 
  • 山川出版社 (2015年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634150768

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 文則
東山 彰良
東野 圭吾
エラ・フランシス...
池井戸 潤
ピエール ルメー...
浅田 次郎
ベン・ホロウィッ...
本谷 有希子
小野 不由美
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人カメラマンの見た幕末明治 (レンズが撮らえた)の感想・レビュー・書評

全6件中 1 - 6件を表示

日本人カメラマンの見た幕末明治 (レンズが撮らえた)を本棚に登録しているひと

日本人カメラマンの見た幕末明治 (レンズが撮らえた)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本人カメラマンの見た幕末明治 (レンズが撮らえた)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人カメラマンの見た幕末明治 (レンズが撮らえた)の作品紹介

写真術の草創期は、欧米の近代科学導入に積極的な各藩と蘭学者たちによる研究と実験の成果によっていた。肖像写真中心の幕末から、明治という時代の幕開けとともに、写真師たちは活躍の場を大きく拡げていった。貴重な古写真で見る幕末明治。

日本人カメラマンの見た幕末明治 (レンズが撮らえた)はこんな本です

ツイートする