回想 私の手塚治虫―『週刊漫画サンデー』初代編集長が明かす、大人向け手塚マンガの裏舞台

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 峯島正行
  • 山川出版社 (2016年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634151109

回想 私の手塚治虫―『週刊漫画サンデー』初代編集長が明かす、大人向け手塚マンガの裏舞台の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 週刊漫画サンデーの創刊編集長による、手塚治虫やその周辺についての話。なんと著者は、この本の最後の段階で亡くなってしまったらしい。
    それにしても、細かいことまでよく覚えてるなと驚いた。飲みの席ででた旅行に誘うメンバーの名前を覚えていて、さらに結局行けなかった人と行ったメンバー意外に実際に行ったメンバーまで書いてあった。何でそんなこと覚えてるんだ。
    ただ、どうせ宝塚歌劇について書くんだったら、リボンの騎士は宝塚歌劇に影響を受けているということも書けばいいのに。
    それにしても、ネットがない時代でも、マンネリだとかいう読者の声が届いてノイローゼになることがあったんだなと。読者の手紙は直接、作者の元にでも届いてたんだろうか。
    後、多才な手塚治虫だけど経営に対しては才能がなかったことがよく分かった。残念ながら、経営陣にも才能が無かったらしい。
    ただ、よくアニメーターが安月給なのは手塚治虫のせいというのをよく聞くけど、むしろこの本を読んでいたら他の製作会社よりもアニメーターは高給にしてたっぽい。ただし、放送料を安くしてしまったんだとか。この辺が手塚治虫のせいといわれる所以かな。
    そういえば、手塚治虫の祖父が関西大学の創設者の一人(手塚太郎)ということを初めて知った。セレブ一家だったんだろうなぁ。
    それにしても、バイオリンやピアノも弾けるとか本当に多才すぎる。

全1件中 1 - 1件を表示

峯島正行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

回想 私の手塚治虫―『週刊漫画サンデー』初代編集長が明かす、大人向け手塚マンガの裏舞台を本棚に登録しているひと

回想 私の手塚治虫―『週刊漫画サンデー』初代編集長が明かす、大人向け手塚マンガの裏舞台を本棚に「読みたい」で登録しているひと

回想 私の手塚治虫―『週刊漫画サンデー』初代編集長が明かす、大人向け手塚マンガの裏舞台を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

回想 私の手塚治虫―『週刊漫画サンデー』初代編集長が明かす、大人向け手塚マンガの裏舞台を本棚に「積読」で登録しているひと

回想 私の手塚治虫―『週刊漫画サンデー』初代編集長が明かす、大人向け手塚マンガの裏舞台はこんな本です

ツイートする