変容する近代東アジアの国際秩序 (世界史リブレット)

  • 25人登録
  • 4.22評価
    • (5)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 茂木敏夫
  • 山川出版社 (1997年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (90ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634344105

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

変容する近代東アジアの国際秩序 (世界史リブレット)の感想・レビュー・書評

  • 『中華帝国』を中心とした『朝貢』・『冊封体制』の時代から、『中華世界』が『近代』に編入されていくまでの時代を概観することができます。そしてそれは、近代国家としての現代中国を理解するという観点からも有益でしょう。比較的平易でページ数も多くなく、明快な論旨なので、『中華世界』・『中華帝国』がどのような道をたどったのかを知る上では、入門書としておすすめです。(読了:2005年3月28日)

  • なぜ現代中国国内ではいまだにチベット問題を始め、様々な地域で民族独立問題が起こっているのか?
    著者はこの問題に対し、前近代中国の中華世界から近代世界に組み込まれていく過程に原因があるとして、本書の課題を設定している。

    18世紀までの東アジアは、中国を中心とした「さまざまな国家・民族がそれぞれの独自性を保持しながらたがいの多様な存在を認めつつ共存する、ゆるやかな開かれた階層的秩序」で成り立った中華世界が基本であった。

    そこに18世紀末より欧米列強の接近に伴い中華世界が変容していくことになる。本書では、欧米列強が基本とした近代世界と中国を中心とした中華世界は必ずしも対立するものではないと主張する。
    というのも、欧米列強と中国との間で行われアヘン戦争やアロー戦争により結ばれた、近代世界的な条約(南京条約や天津条約)について中国清朝は中華世界的な考えで理解したという。
    清朝はその後も列強との対峙において中華世界的な考え方で対応していくが、次第に領土支配(「植民地主義」)を推し進める近代世界との衝突の中で、中国は近代世界的な国民国家を目指していくことになる。

    最初の課題について、中華世界における支配はあくまで緩やかなもので(「版図」や「朝貢」)で、地方の独自性を認めたものだった。これが近代世界的な国家に移行していく過程で、従来の地方が「辺境」として国家に組み込まれていき集権的な支配をおよぼしていくことになる。筆者は、この前近代までの独自性が現在の民族独立問題の原因であると考えられている。

    これは日本における「琉球」(沖縄)の問題も似た事例であろう。沖縄問題を考える際に一助とされたい一冊である。

  • 昨年度の「東洋史概論」の課題のために選んだ一冊。
    東アジア独自の地域秩序であった「中華世界」が、構造論理の異なるヨーロッパの「近代世界」とどう対峙していったのかが描かれる。
    特に日朝修好条規については、「日本史」の視点だけでは理解できない解釈の仕方を示してくれるので非常に興味深い。
    今の中国に当時のような寛容さはあるのか……。

全3件中 1 - 3件を表示

変容する近代東アジアの国際秩序 (世界史リブレット)の作品紹介

構造変動の渦中にある今日の東アジアを理解するためには、国別に一色で均質に塗り分けられたような、これまでの世界地図だけでは足りない。従来「辺境」視されていた地域が、活発に自らの地域の論理を主張して、変動の推進力となっていたり、そこにはさまざまな地域的枠組が錯綜してきている。地域に内在する論理を生かしつつ、これからどのような地域秩序が構想できるか、そのヒントを、十九世紀における東アジア国際秩序の構造変動に焦点をあてて探ってみる。

変容する近代東アジアの国際秩序 (世界史リブレット)はこんな本です

ツイートする