東アジアの儒教と礼 (世界史リブレット)

  • 29人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 小島毅
  • 山川出版社 (2004年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (90ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634346802

東アジアの儒教と礼 (世界史リブレット)の感想・レビュー・書評

  • 儒教の礼論を喪礼を骨格とした思想ととらえ、その観点から東アジア儒教史を描く。「郊祀」「宗廟」の存在から中国の各時代および日本・朝鮮における儒教の受け入れられ方の違いを指摘するあたりが参考になった。その中で、礼が最も深く社会に根付いたのが朝鮮であることもわかりやすく説明されている。

  • 学者のかく文章がわかりにくいのはなぜだ!

全2件中 1 - 2件を表示

東アジアの儒教と礼 (世界史リブレット)はこんな本です

ツイートする