古代ギリシアの思想家たち―知の伝統と闘争 (世界史リブレット人)

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高畠純夫
  • 山川出版社 (2014年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634350069

古代ギリシアの思想家たち―知の伝統と闘争 (世界史リブレット人)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「知の闘争」というテーマがなかなかに面白かった。哲学者だって己の地位のために他人を蹴落とすこともあるのだ、にんげんだもの。ただギリシア詩はよくわからないので、そこは苦痛だったけども……。ページ数等々の関係か小ぶりな印象だけど、まあまとまってたんじゃないでしょうか。

全2件中 1 - 2件を表示

高畠純夫の作品

古代ギリシアの思想家たち―知の伝統と闘争 (世界史リブレット人)を本棚に登録しているひと

古代ギリシアの思想家たち―知の伝統と闘争 (世界史リブレット人)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

古代ギリシアの思想家たち―知の伝統と闘争 (世界史リブレット人)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

古代ギリシアの思想家たち―知の伝統と闘争 (世界史リブレット人)の作品紹介

古代ギリシアの思想家たちは何を残したのだろうか。哲学思想にかぎらず、さまざまなところにあらわれる思想はまちがいなく彼らの残した大きな遺産である。さらに思考することの大事さと楽しみも、彼らは伝え残している。この書で、彼らの思想の中味がどのようなものであったかを語るとともに、どのような状況下で思想がつくられたかを考えた。アンティフォンとソクラテスを生んだアテナイの知の状況と、ソクラテス的思考が長く残ったゆえんが示されよう。

古代ギリシアの思想家たち―知の伝統と闘争 (世界史リブレット人)はこんな本です

ツイートする