マリア・テレジアとヨーゼフ2世―ハプスブルク、栄光の立役者 (世界史リブレット人)

  • 12人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 稲野強
  • 山川出版社 (2014年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634350564

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マリア・テレジアとヨーゼフ2世―ハプスブルク、栄光の立役者 (世界史リブレット人)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

マリア・テレジアとヨーゼフ2世―ハプスブルク、栄光の立役者 (世界史リブレット人)を本棚に登録しているひと

マリア・テレジアとヨーゼフ2世―ハプスブルク、栄光の立役者 (世界史リブレット人)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マリア・テレジアとヨーゼフ2世―ハプスブルク、栄光の立役者 (世界史リブレット人)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マリア・テレジアとヨーゼフ2世―ハプスブルク、栄光の立役者 (世界史リブレット人)の作品紹介

ハプスブルク家のマリア・テレジアとヨーゼフ2世の母子君主は、啓蒙思想一色の18世紀のどのようにしてヨーロッパ屈指の伝統と権威をもつ王朝と国家を守ったのだろうか。そして彼らは目的をはたすために、どのように改革と外交を推進したのだろうか。また、そうした政策に母と子の価値観の相違はどのように投影されたのだろうか。それらの解明をとおして18世紀における中・東欧地域の複雑な様相とその時代状況を浮き彫りにする。

マリア・テレジアとヨーゼフ2世―ハプスブルク、栄光の立役者 (世界史リブレット人)はこんな本です

ツイートする