東南アジア史〈1〉大陸部 (新版 世界各国史)

  • 22人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 石井 米雄  桜井 由躬雄 
  • 山川出版社 (1999年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (614ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634413504

東南アジア史〈1〉大陸部 (新版 世界各国史)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話があっち行ったりこっち行ったりするから、2回読んだのでは追いつかず3回目でようやく何となく話が見えてきた感じ。その辺をどうにかするものがあるといいのだが。内容的には、これがないとどうにもならない話が満載なので、星5つ。

  • 地域史

  • 読まなきゃいけない本が増えてきた(ーー;)

  • [ 内容 ]
    本書が対象とする東南アジア大陸部には、現在、ミャンマー連邦、タイ王国、ラオス人民民主共和国、カンボジア王国、ベトナム社会主義共和国という五つの国民国家が存在している。
    このうちタイを除く四カ国は、いずれも1945年の太平洋戦争終結以後に、さまざまな経緯をへて植民地からの独立を達成し、国民国家として出発した。
    独立後の歴史はまだ半世紀をようやくこえた新しい国々ではあるが、いずれも独立に先立つ長い前史をもっている。
    これらの国々の個別の歴史を、近代国家の国境をこえた東南アジアという、より広い文脈のなかに位置づけながら、大陸部全体が歩んできた歴史の道筋を、整合的に語るのが本書の目的である。

    [ 目次 ]
    序章 東南アジアの大陸部世界
    1 東南アジア諸地域の形成(先史時代;紅河の世界;南シナ海の世界 ほか)
    2 世界のなかの東南アジア(ベトナム世界の成立;ポスト・アンコール;シャム世界の形成 ほか)
    3 現代の東南アジア(戦場から市場へ―激動のインドシナ;軍部独裁下のビルマ;「国の開発」―タイの試み)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 輪読ゼミの発表に必要だったため、必要な箇所だけ読んだ。
    世界「各国史」シリーズにも関わらず、「東南アジア」とひとくくりにされているのはツッコミどころだが、それだけ、東南アジアの歴史は渾然一体となって前進したため、現代において当地域に存在する国をベースに歴史を叙述するのは困難ということでもあろう。もっとも、各国史で成立するほどページ数がないという編纂上の都合がないとも言えないが。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

東南アジア史〈1〉大陸部 (新版 世界各国史)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

東南アジア史〈1〉大陸部 (新版 世界各国史)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東南アジア史〈1〉大陸部 (新版 世界各国史)を本棚に「積読」で登録しているひと

東南アジア史〈1〉大陸部 (新版 世界各国史)の作品紹介

本書が対象とする東南アジア大陸部には、現在、ミャンマー連邦、タイ王国、ラオス人民民主共和国、カンボジア王国、ベトナム社会主義共和国という五つの国民国家が存在している。このうちタイを除く四カ国は、いずれも1945年の太平洋戦争終結以後に、さまざまな経緯をへて植民地からの独立を達成し、国民国家として出発した。独立後の歴史はまだ半世紀をようやくこえた新しい国々ではあるが、いずれも独立に先立つ長い前史をもっている。これらの国々の個別の歴史を、近代国家の国境をこえた東南アジアという、より広い文脈のなかに位置づけながら、大陸部全体が歩んできた歴史の道筋を、整合的に語るのが本書の目的である。

東南アジア史〈1〉大陸部 (新版 世界各国史)はこんな本です

ツイートする