イスラーム銀行―金融と国際経済 (イスラームを知る)

  • 38人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 山川出版社 (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (121ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634474727

イスラーム銀行―金融と国際経済 (イスラームを知る)の感想・レビュー・書評

  • ムシャーラカ契約は、複数の取引当事者の出資によって事業組合を設立し、組合の事業から発生した利益と損失を当事者の間で分配
    イスティスナーウ契約
    不確実性はガラルと呼ばれ、イスラーム法で禁止されている。
    カルド・ハサン契約のは相互扶助の精神に立脚した無利子融資

  • イスラーム銀行の基礎はひと通りおさえられんじゃないか。
    なによりも読みやすい。その気になれば2時間くらいで読めると思う。

  • イスラム金融の基礎習得完了。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]
    第1章 イスラーム銀行の誕生
    第2章 なぜ、利子はいけないのか
    第3章 イスラームの経済思想
    第4章 世界に飛躍するイスラーム金融
    第5章 イスラーム金融のつくり方
    第6章 イスラーム金融から世界経済が見える

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • イスラームの教えでは利子(利息)をとってはいけません。銀行は預金者に利子を払い、債務者から利子をとることによって成り立っています。この相対する条件の中存続するイスラーム銀行についての解説です。
    「イスラームの銀行は利子を取らない」というネタは、世界史や倫理でイスラームについて話す際によく使うことですが、この言葉には2つの問題があります。まず1つはイスラーム世界にも利子を取る銀行が存在していること。イスラーム諸国の経済における、利子を取らない銀行=イスラーム銀行の割合は多くても3割程度だそうです。もう1つは、イスラーム銀行も会社として存続するために利用者からある程度の利益を得ていることです。では、利子を取らないでイスラーム銀行はどのように成り立っているのでしょうか。
    イスラーム銀行では、あらゆる金融商品についてウラマー(イスラーム法学者)のお墨付きがついています。各銀行には専属のウラマーが、この商品がイスラーム法(シャリーア)に抵触しないことを『コーラン』やスンナ(ムハンマドの言行)を集めたハディース(言行録)を提示して説明し、利用者を安心させます。こうしてイスラーム銀行は急成長を遂げています。
    では、具体的にどうやって利子を取らずに利益を上げているのでしょうか。そこでのキーワードは「公平性」です。銀行がお金を預かる場合、もしくは貸す場合元金とそれにつく利子は保障されます。つまり、預金者に対する銀行が、ないし銀行に対する借り主が損失を出しても出資者たる預金者ないし銀行は1円(アラブの通貨はディナールなどですが)も損をすることなく儲けを受けることができるのです。これが不公平にあたることになります。ということでリスクと利益を公平にすれば、この問題は解決します。第1の方法として挙げられるムダーラバ契約は、資金提供者と資金を事業者が利益もしくは損害を出し合う「損益分配方式」による取引です。この方法は預金にも応用されます。つまり、預金者はもし預け先の銀行が倒産したら、預金額に見合った損を被ることになります。日本のペイオフ制度と似たような制度という印象を持ちました。
    第2の方法はムシャーラカ契約といわれるもので、複数の取引当事者の出資によって事業組合を設立し、利益と損失を分担し合う制度ということになります。これを応用しますと、住宅ローンなどの個人による多額の借り入れの代替にも使われます。つまり銀行と個人が住宅を共同購入し(つまり所有権は双方が持つ)、個人が銀行の出資分を分割で購入することによって、所有権が個人に移るという方式です。
    次に売買契約を応用するムラーバハ契約で、例えば個人が自動車を買いたい場合、まず銀行がその自動車を買います。そして、改めて銀行が仕入れ価格(自動車を購入した価格)に利潤(マークアップ)を上乗せして個人に売買するのです。この際支払いは通常の銀行が自動車ローンを組むよう、分割でも繰延払いでもよいということになります。
    また、イスラームでは賭け事が厳禁されていますが、先渡し取引契約(新たに住宅を建てるときの費用を借りる場合など)はこれに抵触しかねません。この問題に関しては確実性を挙げることによってギャンブル性を抑えることを前提として、商品の完成具合や製作の進捗状況に応じて代金が順次支払われるイスティスナーウ契約や、農作物などのように代金を一括して前払いするサラム契約などがあります。
    さらに、銀行が商品を購入し、それをリースという形で用益権を顧客に売り、ある程度リース期間が過ぎると顧客が購入することによって所有権が顧客に移るイジャーラ契約というのもあります。

    何だか法の隙間をついた、うまい(悪く言えばずるがしこい)方法のように見えますが、この応用力・柔軟性こそ商人の宗教たるイスラームの特徴のように思えます。間違っても、... 続きを読む

全5件中 1 - 5件を表示

イスラーム銀行―金融と国際経済 (イスラームを知る)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イスラーム銀行―金融と国際経済 (イスラームを知る)はこんな本です

ツイートする