中世の天皇観 (日本史リブレット)

  • 36人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 河内祥輔
  • 山川出版社 (2003年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634542204

中世の天皇観 (日本史リブレット)の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

中世の天皇観 (日本史リブレット)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

中世の天皇観 (日本史リブレット)を本棚に「積読」で登録しているひと

中世の天皇観 (日本史リブレット)の作品紹介

古代・中世の貴族や武士は、天皇をどのような存在とみなしていたのでしょうか。また、天皇自身は、どのような存在でありたいと考えていたのでしょうか。古代・中世の政治的事件のほとんどすべては、皇位継承問題が原因で起きたといっても過言ではありませんが、その背景にはこの時代の独特の天皇観がありました。その特徴はどこにあるのか、我々現代人の天皇観と対比しながら探ってみましょう。

中世の天皇観 (日本史リブレット)はこんな本です

ツイートする