中世社会と現代 (日本史リブレット)

  • 20人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 五味文彦
  • 山川出版社 (2004年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784634543300

中世社会と現代 (日本史リブレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いろんなテーマから社会的な面を知ることができた。gesellschaftsgeschichte

  • [ 内容 ]
    中世は、疫病や飢饉、戦乱があいついだ時代だったが、中世人は神仏に祈りをこめつつ、力を蓄え、力を結集して、列島の各地に地域社会を形成してきた。
    また中世は意外なほどに国際化された社会でもあった。
    本書では、このような中世という時代を、足元の道にはじまって、政治権力や信仰、民衆世界、地域の社会文化などから探り、現代社会を考える手掛りを求めてみた。

    [ 目次 ]
    1 足元から中世を探る
    2 政治権力を考える
    3 信仰の世界からみえるもの
    4 民衆の世界からみえるもの
    5 列島の地域社会から
    6 歴史のサイクルをとおして

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

五味文彦の作品

中世社会と現代 (日本史リブレット)の作品紹介

中世は、疫病や飢饉、戦乱があいついだ時代だったが、中世人は神仏に祈りをこめつつ、力を蓄え、力を結集して、列島の各地に地域社会を形成してきた。また中世は意外なほどに国際化された社会でもあった。本書では、このような中世という時代を、足元の道にはじまって、政治権力や信仰、民衆世界、地域の社会文化などから探り、現代社会を考える手掛りを求めてみた。

中世社会と現代 (日本史リブレット)はこんな本です

ツイートする