処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂 (yama‐kei classics)

  • 20人登録
  • 3.78評価
    • (2)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 山と溪谷社 (2000年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635047012

処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂 (yama‐kei classics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マスターピース。

  • 1950年に史上初の8000m峰登頂をなしたフランス隊の冒険本。世界的に有名な著書。

    あまり手に取らないジャンルの本ですが、読みたいと思い取り寄せました。登山用語が分からないので調べながらの読書でした。マロリーの「そこに山があるから」という言葉に含まれる、自身の中にも潜在している熱い想いを沸き立たされる本。

    どうして山に登るのだろうか。登らなければならないのだろうか。この問いと「人生とは?」という問いは同じではないのだろうか。

  • すべてが瑞々しい。ここにはもはや戻れないとはいえ。

全3件中 1 - 3件を表示

モーリス・エルゾーグの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂 (yama‐kei classics)の作品紹介

初登頂から50年。今、よみがえるヒマラヤの壮絶なドラマ。1950年6月5日、エルゾーグを隊長とするフランス隊は、幾度も偵察を重ねたうえで8000m峰の頂上に人類初の足跡を印した。歓喜の登頂!しかしその代償として下山中に嵐につかまり、生死の境をさまようことになる。初登頂を支えた隊員たちの友情と生還に向けての凄惨な脱出行を描いた不朽の名著。

処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂 (yama‐kei classics)はこんな本です

処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂 (yama‐kei classics)の文庫

処女峰アンナプルナ―最初の8000m峰登頂 (yama‐kei classics)の単行本

ツイートする