新編・白い蜘蛛 (yama‐kei classics)

  • 25人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 山と溪谷社 (2000年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635047104

新編・白い蜘蛛 (yama‐kei classics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜか、登場人物の名前が、ファートネームと、ラストネームを混在して表現するため、誰の事を話しているのかわかりづらかった。
    専門用語を、いきなり使われるとなんのことかわからず混乱した。
    途中で括弧書きで、説明があったが、そういった説明は初出時にすべきことであろうと思う。
    以上は、不満ではあったが、内容そのものは、非常に緊迫感あふれる内容もあり、興味深かった。

  • この本は、『チベットの7日間』という映画を覚えている方も多いと思うが、その原作者のハインリッヒ・ハラーがアイガー登攀の歴史を詳細に書いたものだ。
    ハラーはアイガー北壁初登攀に成功した四人組の一人で何度も登攀している。
    この夏に封切られた『アイガー北壁』という映画もこの『白い蜘蛛』に負うところが多かったという。
    この本は1858年のアイガー初登攀(第1登)の成功から1967年の第62登を挟んで1999年までの登攀記録が詳細に書かれている。と共に代々の山岳ガイドという誇り高き人たちのことも語られている。
    初期の頃は装備も装具も今とは較べ物にならない素朴な物で命がけの冒険だった。誰かが直角の北壁を登り始めるとグリンデルワルトの人々は双眼鏡を持って蟻のような人の動きを昼夜を問わず眺めるのだった。雲がかかれば姿が隠れハラハラし、登山者のロープがぶらさがると直ちに救助隊が出発してゆく。
    そんな情景が叙情的にドキュメンタリー風に描かれていく。
    厭でも時代の変遷を感じさせられる。
    今や、ヘリコプターで簡単に頂上に立てるのも寂しいような気もする。

  •  → 2010/3/31 「映画:アイガー北壁を見る」 http://sea.ap.teacup.com/pasobo/855.html

全3件中 1 - 3件を表示

新編・白い蜘蛛 (yama‐kei classics)はこんな本です

ツイートする