日本の分水嶺 (ヤマケイ文庫)

  • 41人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 堀公俊
  • 山と渓谷社 (2011年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635047357

日本の分水嶺 (ヤマケイ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 階段国道からはじまる。竜飛崎から始まる。
    本州と北海道は、白神岬と竜飛崎がつながっている。

    八幡平~藤七温泉~秋田駒ケ岳~国見峠~仙岩峠

    尾瀬ヶ原をダムにする計画。三平下の取水小屋から関東へトンネルで尾瀬の水が流れている。

    清水峠、国道291号線が途切れている。三国峠に変わられた。清水超え新道は登山道国道。

    国道289号線は登山道国道。

    軽井沢草軽電気鉄道跡。

    十国峠~南相木~三国峠~十文字峠~コブシ~国師~大弛峠~金峰山~小川山~飯盛山~野辺山峠~赤岳(県境尾根)~天狗岳~高見石~脱ぎ草峠~横岳~双子山~大河原峠~蓼科山~大門峠~和田峠~鉢伏山~塩尻(旧塩尻峠)

  • 2016/1/20購入
    2016/8/25読了

  • 分水嶺―その名の通り、その地脈によって水の流れる方向が分かれる地点について、日本の北から南までを一気通貫で解説した本。ここから先は太平洋、ここから先は日本海といった形で水の流れる方向が変わる場所について、これでもかとばかりに紹介されている。

    基本的には山脈地帯を指し、峠や登山ルートといったところの紹介がメインになるのだが、変わり種としては新千歳空港や猪苗代湖など、分水嶺の上にあるスポットもあったりして興味深い。

    そして最近では、Googleマップなどでその場の様子などを観ながら分水嶺ツアーを追体験できるので、片手にKindle、片手にタブレットを持って読み進めることも可能である。分水嶺にある温泉や観光スポットなど、いくつか興味を持ったポイントもあるので、実際に足を運んでみたいと思う。

  • 12.08.03読了。日本の分水嶺を旅した紀行記。作者の文のタッチといい話題の広げ方といいどれをとっても秀逸。地理ものの本にはかなり目が肥えてるけど満足いく一冊だった。

  • あとがきより。
    「大分水嶺は日本の自然や風土の縮図だとすれば、
    この一本の線を未来に向けて大切に守っていけるかどうかは、
    我々の日本人の試金石だともいえる。

    我々はいままさに、次の世代に日本の原風景たる美しい自然や誇るべき地方文化を残せるかどうかの‘分水嶺‘に立っている。
    その事実を、一人でも多くの人が現地に訪れることによって知ってもらいたかったのである。」
    著書の分水嶺に対する愛情が如何なく発揮されたこの著書は、自然や文化、社会や歴史など様々な話題豊富なニッポンの教科書でした。
    日本の主だった山歩きをする際には、ぜひともお供にしていただきたい文庫本です。
    書斎で読んでいても、旅に出たくなること請け合いです!

  • よく決断を迫られる局面で使われる”分水嶺”という言葉ですが、本当にホントの日本の”分水嶺”について書かれた本。紀行文でもなく、淡々と日本列島縦断する、降った雨が日本海と太平洋のどちらへ流れるかの境界線について綴ったものだが、実に面白い。作者の知的好奇心の広さからなるものだろうが、単なる気候風土の紹介にとどまらず、その界隈の文化、歴史、現代の諸問題(環境問題、電力問題)に話題がおよぶ。分水嶺は主に山脈のことだが、そこから流れ出す河川にも話が及ぶものだから、カヌーイスト的にも読んでいて興味深い。転覆隊の本まで引用されているとは驚いた。
    全部、一気に読んでしまうのは勿体ない。訪れたことのある場所、故郷の周辺は読んで、まだその地方の山々に足を踏み入れてない、北海道、九州などは、いずれ訪れるときがきたら読んでみようと思う。

全6件中 1 - 6件を表示

堀公俊の作品一覧

堀公俊の作品ランキング・新刊情報

日本の分水嶺 (ヤマケイ文庫)はこんな本です

日本の分水嶺 (ヤマケイ文庫)のKindle版

日本の分水嶺 (ヤマケイ文庫)の単行本

ツイートする