日本人の冒険と「創造的な登山」 本多勝一ベストセレクション (ヤマケイ文庫)

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 本多勝一
  • 山と渓谷社 (2012年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635047418

日本人の冒険と「創造的な登山」 本多勝一ベストセレクション (ヤマケイ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016/10/12購入
    2016/11/9読了

  • かつての登山家のあり方という意味でも、新聞記者の書き方という意味でも、時代の変化を感じ、感慨深い。開拓、処女峰など、その考え方のマッチョリズムにやや拒否感を覚える部分もあるが。

  • グランド•ジョラスで亡くなった登山家の本と勘違いして読み始めた。それは森田勝氏だと途中で気づきましたが。。。

    前半のパイオニアワークについては、古き良き時代の議論としか残念ながら読めなかった。

    後半の遭難関連は、鋭い視点になかなか感心させられた。

    愛大遭難の際の、ヘリで太郎平小屋に降り立った新聞記者さんの来歴がわかったので、勘違い読書だけれど結果よかったです。

  • 書かれていること、いちいち最もだが、あまりにも遭難の話を続けられて、冬山に行くのが怖くなった。

  • 本多勝一氏の山と冒険に関する著作をまとめたもの。後半は主に遭難の記録、そしてリーダーは何をしていたか、リーダーの責任について言及されている。
    面白かったのは、冒頭の冒険についての記述の中で「一般の記事では対立する立場の双方をのせることを原則としている新聞が...」と書かれていること。これは本多勝一氏の意見なのか、もともと新聞というものはそういうものだったのか? いずれにせよ、今の新聞の姿とは似ても似つかないものであるなぁと感慨深い。

全5件中 1 - 5件を表示

本多勝一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本人の冒険と「創造的な登山」 本多勝一ベストセレクション (ヤマケイ文庫)を本棚に登録しているひと

日本人の冒険と「創造的な登山」 本多勝一ベストセレクション (ヤマケイ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本人の冒険と「創造的な登山」 本多勝一ベストセレクション (ヤマケイ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人の冒険と「創造的な登山」 本多勝一ベストセレクション (ヤマケイ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本人の冒険と「創造的な登山」 本多勝一ベストセレクション (ヤマケイ文庫)はこんな本です

日本人の冒険と「創造的な登山」 本多勝一ベストセレクション (ヤマケイ文庫)のKindle版

ツイートする