トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)

  • 189人登録
  • 4.02評価
    • (17)
    • (34)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 25レビュー
  • 山と渓谷社 (2012年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635047463

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
宮部 みゆき
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 山は怖い。
    巨大な自然の力を前に人間の小ささを感じる。

    ツアー登山の是非について。
    登山ブームを迎えた日本にあって当然なサービスだろうと思う。
    計画を立ててくれて経験者と一緒に山を登れる、それだけでも料金を払って参加する価値があるだろう。

    責任を誰が負うかということは、商売をする方にとって確かに重要なことだろう。
    けれど、自分の命を守るということに関して、
    他の誰かが責任をとる、ということがそもそも可能なのだろうか。

    ツアー登山に参加する、病院で医療行為をしてもらう、海を泳ぐ、車に乗る、様々な場面に命の危険があるけれど、その全てにおいて決断して臨むのは自分ではないのか。

    この遭難事故の場合、確かにガイドのアドバイスがもう少しあったら、ガイドが出発すると判断を誤らなかったら、防げたことはたくさんあるだろうけれど、費用や今回の登頂、その他の何かをフイにすることと生きて帰ることを天秤にかけた時に、諦めようと声をあげるということ含め、個人個人も判断を誤っているとしか思えない。

    初心者のうちにこの本を読めて良かった。
    大事なことがたくさん書いてあるので、細かくは後ほど追記。

  • 山岳ノンフィクションドキュメンタリー

    緻密な取材と調査データ

    低体温症の知識
    休養とカロリー摂取の大切さ。

    ツアー登山の現状

    増える“自立しない登山者”

    自己責任の登山と、観光ツアーとの間。

    山との向き合い方が変わった。

  • 先月奈良で寒くて寒くて歯の根が合わないくらいガタガタ震えてたあれは、低体温症の初期症状だったということが分かりました。
    北海道トムラウシ山での低体温症による大量遭難を、生存者のインタビューや医学的な見地などいろいろな角度から検証していて、興味深い。山、恐い…。

  • 2009年に夏季登山で発生した遭難事故のレポートを題材に、低体温症の発生メカニズムとその怖さ、登山ツアーへの警鐘がまとまっている。
    登山者じゃなくても興味深く読める。

    低体温症は、登山時に限らず、低気温(0度以上でも)・風の強さ・雨(濡れ)の条件が重なると、容易になりうるので気をつけたほうが良い。
    この症状が怖いのは、低体温になることで脳が機能不全になり、通常の判断ができなくなること。

  • 毎日、遭難に関する本を読み、
    ネットでも情報を収集し、

    「とにかく、絶対、いたずらに、山には行かない」の気持ちは
    さらに固くなり、例えるならば、

    『12本爪のアイゼンでも歯が立たぬアイスバーン状態』
    (↑なんか、こんなことも覚えたみたい!)

    この本は、2009年に起きた北海道のトムラウシ山での
    大量遭難事故の真実にせまったルポルタージュ。

    ガイド3人、ツアー客15人のうち、
    ガイドを含む9人が死亡すると言う
    大事故だった為、記憶に残っている人も多いと思う。

    私も当時、新聞などのニュースをみて、
    ガイドの一人が遅れた人も構わず、
    自分だけどんどん先に降りて行ってしまい、
    被害が大きくなった、と言う印象を抱いていたから、
    こちらを読んで、それが誤解だった事を知った。
    (実はこのガイドも低体温症になり前後不覚に陥っていた)

    9人の死因は低体温症、
    でもこれは7月の出来事なのですね。
    (わたしも途中であれ?っと思って日付を確認してしまった)

    トムラウシ山の気象はとても変わりやすく、
    場合によっては
    夏でも3,000メートル級の冬山より厳しい時がある、とのこと。

    また、進んでいくと避難小屋もエスケープルートも無い道が続き、
    荒れている天気の時は非常に危険な場所であるとのこと。

    しかし、ツアー客の中にはその知識もなく、
    ルートも知らず、地図も持たず、
    と言う人も少なからずいたということ。

    私も2泊3日の山小屋を泊まっていくツアー登山だったら、
    ただガイドさんについていけばいいのかな?と思う気持ちが
    わかる気がしてしまうが、

    この本によるとそんなことはもっての外、とのこと!

    もう過ぎてしまったことだけれど、
    危険なルートで、荒天で、メンバーのほとんどが60代以上の女性ばかり、
    と聞くと、もう、嫌な予感しかしません!

    今回の事故の原因は

    登山者それぞれの力量がわからないままの大所帯であったということ
    (一番遅い人にペースを合わせる為体力が消耗される)

    事故のあった日、荒天であったにもかかわらず、
    ラジオや天気図などを確認せず、リーダーが出発を決めたこと

    吹き飛ばされそうな風雨、道が川の様になっていて
    体を濡らさないと渡れない箇所があったのに、
    引き返すことをしなかったこと

    体調不良者が続出したのにも関わらず、
    安全な場所にとどまらなかったこと(またその装備もなかった)

    登山者の装備が不備で体を濡らしてしまったこと

    ガイド同士面識がなくコミュニケーションがとれていなかったこと

    ガイド自体がトムラウシ山に詳しくなかったこと

    低体温症の知識がガイド、ツアー客ともほとんどなかったこと

    などがあげられる。

    ツアー会社も時間通りに帰れないと
    飛行機などを取り直さなくてはならない為、
    ガイドに遅れないようプレッシャーをかけていたこともあり、
    荒天の中での出発となったようである。

    ガイドもツアー客も
    「なんとかなるだろう(大変なことにはならないだろう)」
    と言う意識があったことも確かだそう。
    また、「こんな天気の中出掛けるのか」と思っても
    場の空気を乱すと思い言えなかった人もチラホラおられた様。

    夏でも体が濡れて冷え切ると低体温症になり
    あっという間に死に至る、
    回復する方法としては体を温める以外に無いそうで、

    例えツアー登山でも、自分の身を守れる(ビバークできる)
    最低限の装備は持っていなければならない、とのこと。

    ポイントとしては
    まず体を濡らさないよう、特に雨具と靴に気を遣うこと。

    すぐに取り出せるよう、食料をポケットなどに入れ... 続きを読む

  • 2015/8/31購入
    2015/9/10読了

  • 寒さ、強風、濡れ、摂取カロリー不足。このような要因が重なることで、夏場でも低体温症は起き、しかも急速に進むという。そして、急速な低体温症は、自覚症状もないままに脳の機能も低下させ、適切な判断も行えずに死に至る。
    このような恐ろしい低体温症の知識は、その危険性が大きい登山者や登山ガイドにも十分共有されていないという。このため、山岳事故は繰り返し起きる。特に、トムラウシでは、2002年に同様の事故がありながら、2009年に本書記載の事故が起きた。
    本書では、可能な限りの事実の確認の上、気象学、医学、運動生理学の観点から本件事故の原因を探るとともに、ツアー登山という山登りのスタイルについても考察と提言が行われている。何の気なしに読み始めたが、最後まであっという間に読み通していた。自分自身は山登りもせず、本書の内容を実感を持って身近に感じるということはないのだが、それでも、夢中になって読むほどの事実の迫力と分かりやすい分析があり、「面白かった」というと事故の犠牲者に申し訳ないが、大変ためになった。

  • 件の遭難事故について当事者の証言、診断時の身体的所見や気象データなどを各分野の専門家が分析したもの。

    痛ましい事故であるが、何故そうなったか、そしてどうやって自分の身を守るのか。学ぶことは多いと思う。
    最終的に自分の身を守るのは自分、それは間違いないことなのだから。

  • 2009年の大惨事となったトムラウシ山事故の詳細な報告本

    低体温症で恐ろしいのは頭が悪くなってしまうというところであるということがよくわかる

    残念なところは,当然ながら死人からの証言は取れないところで,こういうのは間違ったケースのほうが役に立ちそうだと思った

  • 配架中、山に興味はないし事故のことも知らなかったのになぜか気になってたまらなくなってしまい、そのまま借りて読んだ。
    夏の日本百名山で起きた遭難事故を、生存者の証言と様々な観点からのデータで解析している。究極状態に置かれた生存者の証言は食い違う所もあるが、修正することなくそれをそのまま使っている。それが切迫した遭難事故の様子をよく伝えている。事故レポートやガイドの証言は読みやすく、データによる解説もけっこうわかりやすかった。
    日本人のツアーというものにおける見方が、この事故でははっきり裏目に出てしまっている。登山ツアーにしても旅行ツアーにしても、全て他人任せにするのではなく、非常時にも自分で対応出来る心構えと準備が必要だと痛感した。

  • 事故の客観的なレポート、主要人物へのインタビュー、識者からの解説から構成されている。ちょっとした推理小説より謎とサスペンスがあり、読み始めると止められない。
    事故というのは準備の不足と甘い状況判断から起きるものだが、それはたいてい回りに気を使ってちょっと自分が無理をすればいいかというような、いわば善意から来るものでもある。多少気まずくても、波風を立てても大惨事を起こすよりはマシなのだと、きちんと判断できる勇気を持たなければならないのだろう。

  •  2009年7月に起きた遭難事故の報告書をもとに編まれた一冊。ガイドを含め参加者18人のうち9人が死亡するという大事故で、当時は旅行会社の無策ぶりや、参加者の準備不足などが報道で取り上げられた。この旅行会社は2012年にも万里の長城ツアーでも遭難者を出し、すでに廃業している。

     「第1章 大量遭難」は生存者の証言をもとに出来事の再構成を試みているが、これが怖い。結果を知っていても下手なミステリーよりずっと怖い。ちょっとした判断ミスや準備不足がさらに悪い事態を生み、力を失った人間から倒れていく。自らも限界状況にあるにもかかわらず、倒れた人を助けようという人がいるかと思えば、一人でさっさと下りてしまう人もいる。しかし、そのような状況化で生き延びることを第一目的とすれば、どちらが正しいと容易には言えないだろう。
     「第2章 証言」は、事故の一年後に行われた、生き残ったガイドの一人に対するインタビューである。彼は前章の記述によれば、ツアー客を放置し独自行動をとっている(低体温症で正常な判断ができなくなっていたため)。当然、彼の言辞には言い逃れや責任転嫁が見え隠れする。だが、遭難事故のガイドという立場でインタビューに応じるには、とても勇気がいるだろう。彼の責任は軽くはない。しかし生き残った以上、彼の人生は続く。インタビューの最後で彼は、何度も自殺しようと思ったが、周囲の人々、特に家族の助けを得て、この事故を受けとめられたと語っている。これを傷からの回復ととらえるか、それとも無神経と感じるか。読み手の評価は分かれるだろう。
     第3章から第6章は、気象、低体温症、運動生理学、ツアー登山について、専門家の見解を読むことができる。日常生活に役立つ情報も多く、山登りをしない人にとっても一読の価値がある。特に低体温症とその予防策は、知っておくと災害時に応用がきくだろう。

     サブタイトル「低体温症と事故の教訓」が示すように、この本はあの遭難事故から学びうることが書かれている。事故当時の報道は責任者探しに躍起になっていたように記憶しているが、本書の記述はそのような姿勢とは一線を画する。実際、ところどころで当時の報道に誤りがあったことが指摘されている。
     あることがらについて述べる時、予め筋書きを描いておいて、それに合うように情報を取捨選択する。報道機関の常套手段であるが、よく考えてみれば私たちも大なり小なり日常的に行っていることだ。そのような考え方、語り方を完全に排除することはできない。しかし、あることがらを自分の解釈に押し込めるのでなく、他者の視点や様々な知識を導入することによって、ことがらが含んでいる多層的な意味を掘り起こすことができる。本書は事故報告書であると同時に、学ぶとはいかなることか考えさせてくれる好著である。(もなど)

  • 日本の夏山史上最悪の遭難事故、15人のパーティ中8人が亡くなり、うち一人は登山ツアーの責任を持つガイドだった。

    2009年7月14日からの三日間の様子をインタビューから再現、特に遭難当日の16日の様子は生々しい。

    ツアー会社やガイドに問題があったのは確かだが、基本登山自己責任、その中でどこまでガイドに頼りどこから自己責任で判断するかはなかなか難しい。ツアーだけに飛行機の都合などもある。

    単に事故の原因となったツアー会社責めるわけでらなく、夏山の気象の変化、低体温症への対処、運動生理学的な見地、そして山岳ツアーの構造的な問題までまとめて有る。

    いたたまれない話しながら、低体温症を理解する上での貴重なデータになってしまっている。

  •  2009年7月16日、北海道大雪山系トムラウシ山で、未曾有の大量遭難事故が起こった。アミューズ社の山岳ツアーに参加した18名のうち8名が死亡した。
     日本百名山にも数えられ、晴天時ならその素晴らしい眺望を堪能できるトムラウシ山。しかし、荒天で非常に厳しい状況に立たされ、次々と参加者が低体温症で亡くなっていく。
     その事故を山岳ガイド、気象の専門家、医師、事故調査委員会に関わった方がそれぞれの視点で問題点を書かれている。
     生存者へのインタビューから当日トムラウシ山の状況を伺い、また山岳ガイドの判断の過ちを考察している。
     気象の専門家からは、低気圧の通過による気象遭難について、医師からまた多くの方の直接の死因である低体温症について多くのページを割いて書かれている。

     出版社が山と渓谷社で、山岳に対する危機意識を強く訴える一方、登山を楽しむためには山に対する知識、山岳を登るためのテクニックや経験、自主的に安全対策をするという意識が必要なのだと書かれているように感じた。
     この事故で山登りを敬遠してしまうのではなく、確かな対策をとって、人命最優先で登山を楽しんでほしいという願いが感じられる。

  • 日帰りの登山ツアーに何度か参加した経験がある。悪天候の中でのツアーもあったが、幸い事故に遭遇した事はない。
    ツアー中の安全管理はガイドの業務だが、最後の最後に自分の命を守るのは自分自身であると思う。特に山での遭難は、各々の装備の差が生死を分ける場合がある。当然ツアー会社は大きな責任を負う、しかし賠償金は払えても命そのものは弁済できないのだ。
    真の目的地は山頂にはない、その事を再度認識したい。

  • 当時の事細かなデータが集約されている。今まで漠然と頭の中で理解していたことでも、いざ、実際に起こったときの対応能力がいかに机上の空論たりうるかと読んでいて思った。
    遭難者とは実際に年齢も体力もまったく異るが、いかに想定外の状況におかれた時の人間の非力さが伺える。

  • 8人もの方の命が失われたトムラウシ山での遭難。当初は報道でも頻繁に状況・原因を伝えていた事もあり印象の強い事故であった。この遭難の経緯と原因を検証したのがこの一冊である。この遭難事故を機に世間に広まった低体温症のメカニズムに関しては登山を趣味とする者としては一読の価値がある。また、山岳遭難を未然に防ぐために山に挑む人々がどうリスクマネジメントをすべきか考えるべきかという点で示唆に富む一冊である。

  • 山ノボラーには、下手なホラーサスペンスより怖いです・゚・(ノД`;)・゚・
    だってすげー実感伴っちゃうんだも。
    「うわー、これ何度もやらかしてるよ!」的な反省がいっぱい。
    雪山と悪天には登らないから人ごとと思ってたんだけど、低体温症怖いな!

  • 2012 9/13読了。WonderGooで購入。
    2009年7月に北海道・トムラウシ山で起きた夏山最悪の遭難事故について、その7年前に同じ山で起こっていた死亡事故に関して本を記していた筆頭著者(羽根田)と、事故調査特別委員会に属し、報告書を記していた他の3人によって書かれた本。
    羽根田は参加者(生還者)・ガイドに対するインタビューを通じ、大量遭難の経緯を複数の証言から明らかにする1章、生還したガイドのインタビューである2章、ツアー登山の問題点を指摘する6章を担当。
    さらに3章では気象面、4章では死因となった低体温症の面、5章では参加者の体力やエネルギー消費/摂取等の運動生理学の面から遭難の原因に迫っていく。

    体温を維持管理するには相当なエネルギー=食料摂取が必要なこととか、雨具は防寒具ではない(カッパは身体に密着して空気の層ができないので強風下では防寒の役に立たない)とか、当たり前のようでふだん意識しないことが色々あってなるほどな、と思ったり。
    あと1章は圧巻。
    この本の意図に反することは全く承知のうえでだが、自分は登山はしたくないと思うくらいに。
    それでも生還者の中には登山を続けている方がけっこういるそうなのだから凄いな、と思うが・・・(もっとも、その方は確かに1章の中ではかなり安心感を持って見ていられる感じの方だった)。

  •  山ノボラーとしては必読の本。
     
     遭難事故があると、どうしても、
    安易な登山者による、、、軽装による、、、危機意識のない、、と報道されがちだが、事実を紐解いていくと、登山者たちは、少なくともそこそこ経験があり、最低限の装備はされていたことが明らかになる。

     報道って、要約してしまうが故に、真実は語られないのか?

     さて、筆者自体はツアー登山の危険性について訴えるべく、話が展開していく、しかしながら、生存者の感覚とは、微妙なずれがあることに気づかざるを得なかったという。とにかく、便利が故に使われるツアー登山には、その特性が故に危険性を持っていることは留意すべきである、ただし、留意したうえで利用する登山者を否定できないとも思う。

     どうでもよいところから語ってしまったが、この本は、遭難に関するドキュメントが証言によりまとめられていて、臨場感を感じながら読み進めることができる。ここまで来ると、決して語られることのない犠牲者たちの声を聞いてみたいものである。

     そして、私としては、こうした経験談を読むことで、自分の山行を反省し、チャレンジしつつもより安全に危機管理した登山を目指したいと、強く思った。

  • 事故の原因がしっかり分析されています。

  • 流行の登山ツアーで起こった遭難事故。ツアー登山に潜む危険などがよく検証されている。ツアーに限らず、単独行者においても身近にある遭難→死へのプロセスを回避するために一読しておいて間違いはない。と思う。

  • 三年前のあの遭難事故についての検証。遭難事故になっていく過程とその証言は読んでいて引き込まれてしまった。夏山での低体温症。ガイドがついていくツアーなのに、あっという間に遭難してしまう。ツアー会社やガイドの甘さも指摘されたが、それ以上に山に登ることの危うさを感じた。
    低体温症の事はほとんど知らなかったが、あっという間に体温が下がり死にいたってしまう。登山する人は読んでおいたほうが良い。

  • トムラウシ山遭難の事故調査報告書の後、当事者へインタビューや真相を分析した本。当時の状況を低体温症や摂取・消費カロリーなど多方面から分析している。低体温症を知らない登山者に読んでほしい本。

全25件中 1 - 25件を表示

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)に関連する談話室の質問

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)を本棚に登録しているひと

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)はこんな本です

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする