空へ―「悪夢のエヴェレスト」1996年5月10日 (ヤマケイ文庫)

  • 133人登録
  • 4.33評価
    • (19)
    • (12)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
制作 : 海津正彦 
  • 山と渓谷社 (2013年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635047517

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
高野 和明
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

空へ―「悪夢のエヴェレスト」1996年5月10日 (ヤマケイ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 登頂日を迎えてからの展開は圧倒的だが、それまでの前置きが長いうえに登場人物が多すぎて苦労した。
    おそらくカタカナ人名を上手く把握できないという自分の特性ゆえに。

  • 多くの遭難者を出した現場に参加者の1人として居合わせ、生還した著者によるドキメンタリー。エベレスト登山のツアーに伴う問題点、登頂への段階的ステップの解説、個々のメンバーの描写で前半部が構成され、遭難当日以降が描かれる後半部は読むのを止められない緊迫感に満ちていいる。悲惨な結果を生み出した要因については当然著者の主観が入っているものの、事実関係の裏付けと推論は妥当性があり、またレポーターである自分の参加がもたらした影響、遭難時の自身の大きな誤認、一部遺族からの批判なども披瀝されていて、その客観性や公平感から一定の信頼度を持って読む事ができる。遭難日の事態推移と各人の行動もよく整理されてわかり易く、読み手を混乱させない。これほどの力量の書き手が、エベレスト登頂を果たし、且つ苛酷な現場を生き延び、そこで見たものを多くの読者に届けることができた事自体、運命的なものを感じてしまう。

  •  20年前の1996年にエヴェレストで実際に起きた大量遭難事故を、同行していたアメリカ人ジャーナリストが書いたノンフィクション。今年(2016年)、映画化もされた。
     パーティーの中には日本人女性として2番目にエヴェレストに登頂を果たした人もいたが、残念ながら帰還することはできなかった。

     高度8000メートル以上の壮絶な環境が人間の脳や身体にどのような影響を与えるのか、また商業登山が始まった頃のガイドと名声を求める顧客、シェルパたちの心理状態や関係がどのように変化していったのかがリアルに描かれ、分厚い本にも関わらず後半は一気に読んだ。

     生き残って取材を重ねた著者の記述をどの程度信じるかは読者次第だが、無責任なツアーガイドや経験豊富なはずのリーダーたちの誤った判断だけでなく、遭難者を救助しようとしなかった自分の行動も非難を覚悟で書いており、過酷な環境がいかに冷静さを奪うかを教えてくれる。

     なおヤマケイ文庫版よりも、最初に出た文藝春秋出版の単行本の方が写真や地図が多くおすすめ。

  • 1996年5月10日エベレスト大量遭難事故。
    映画『エベレスト 3D』を観て以来、この件に釘付けになった私。その第一級資料と言える本書をようやく読み終えた。
    ちなみに、とにかく登場人物が多いので、映画を2回観てwikiを熟読してなかったらまったく展開について行けなかったと思う。

    私が最も驚くのは、この極限状態において、よくぞ皆人間性を失わずにいられたということ。自分の身に置き換えて考えずにはいられない。自分だったらどうだろうか。「こんなデスマーチが続くくらいなら、いっそ死なせてくれ」「この崖から一歩踏み出しさえすれば楽になる」「このままここにほうっておいてくれ」そう、きっと生きることを諦めてしまう。
    また、他人を心配する余裕も皆無だろう。隣で人が倒れようと、それはその人のこと、自分にできることは何もないと歩を進める。疲弊して感受性の摩耗しきった神経では特にそうなってもおかしくない。
    逆に、誤解を恐れずに言えば、助けられなかった命に対してシェルパを含む登攀スペシャリスト達が取り乱す様子が意外であり、印象に残る。そういった人達は、人の死にも慣れているのではないかと勝手に思っていたからだ。
    こんな感想が出てくるのは、私がフィクションの中の死にしか触れたことがなく、リアルに生死を感じたことがないという証なのかもしれない。

    それにしても山の頂というものは不思議だ。ヘリコプターのような文明の利器が使えない。到達するには、己の肉体で挑戦するしかない。こんなの、南極や海底や宇宙とも違う。

  • 読み応えあります。
    顧客とガイドとシェルバと営業者それぞれの立場、また商業登山隊ごとの事情と天候と登山者の体調、実力が絡み合い事故が起きている。
    それにしても、壮絶な環境である・・・デスゾーン。

    先日読んだスコット隊のロシア人ガイド ブクレーエフ氏の著作よりも、ジャーナリストなので読みやすく、より俯瞰的な視点でかかれていると思います。

    天候によりあっという間に危険を通り越して死に直面してしまう世界。それでも人を惹き付けるエベレスト。世界一というだけで。理解出来ない部分とあこがれも感じてしまいます。

  • 映画(エベレスト3D)の題材の、正に登頂を果たした生存者が書いた本。映画では理解しきれなかったことが全部わかった。関わった人数も国も多いし当然だけど名前はカタカナだし、え?これは誰だっけ?と戻ったりして読むのに凄く時間がかかったけど著者がジャーナリストだったこともあり、帰国後生存者には何度もインタビューをし、高度8000メートルでの記憶力、判断力の脆さをそれぞれの発言でカバーして、恐らく真実に近い一冊だと思う。数々の予期せぬ出来事、不運が重なり起きた悲劇を、文章でここまで再現してクライマー以外の者にリアルに伝える力は凄いと思った。エベレスト登山の仕組み、エベレストが商業登山と言われる所以、問題点、何故エベレストが危険なのか、何故下山でこれほどまでに犠牲者が出たのか、各々の葛藤、下山後のそれぞれの思い等、全てが詳細に書いてあって凄く読み応えがあった。

  • 1996年のエベレスト大量遭難の記録。あの年、エベレストでは12人が亡くなった。
    遭難の一番の原因は天候の悪化。とはいえガイド、シェルパ、顧客、登頂を望む人たちにはそれぞれのバックボーンと性格があった。人災ともいえる、細かな理由が積み重なってあの惨事になったということがよくわかる。

    ロブとスコットがライバル関係にあり、顧客の登頂を競ってなければ。
    ガイドのロプサンやスコットが疲弊してなかったら。
    ダグが去年エベレストに敗退して、ロブがそれに同情してなかったら。
    台湾隊が日程を無視したために渋滞が起こってなかったら。南アフリカ隊がもっと救助に積極的だったら。
    ロブホールが「まとまって行く」と決めたために、先へ行く人たちが待つことになり、そのための体力の消耗。

    作者もまた、ガイドのアンディの知力が落ちているということに気づかなかったこと、帰り道に別人をアンディと誤認するというミスをおかす。
    そして、作者は、テントに戻ってからは一度も救助に加わっていない。(個人的に…彼はそのことから目を逸らすために、ことさらに南アフリカ隊や台湾隊、日本隊の卑怯さを強調し、後に救助に加わったアイマックス隊などを賛美しているようにも思える。)

    最大の失敗は、2時になったら引き返すという決まりを守らなかったということになるのだろう。時間を守って登頂を断念した数名は助かったのだから。
    「引き返す勇気」というやつだ。

    作者はロブホール隊で、登頂して生還した唯一の顧客。作家として何か持ってるのだろう。
    救助に行かなかったことを批判されているけれど、彼は「生きて帰ってこれを書かねば」と思っていたのではないか。彼は命も指も失えない。その判断は責められないと思う。

    日本人としての不満は、北陵で日本の福岡隊がインドの遭難を見殺しにしたと批判していること。
    作者はインド隊だけの主張を書いている。福岡隊にもインタビューしろとは言わないけど、その後福岡隊がインド隊に抗議して、インド隊が福岡隊に謝罪したという事実くらいは書いてほしい。
    アナトリの本は片方からしかインタビューしてないと非難するのは「おまいう」だよ。(自分も救助に行かなかった癖に…と、これは言ってはいけないことだが)

    そして、極限の状態で人のために動く人たちには頭が下がる。
    ダグを見捨てないロブホール、何回も救助に向かうガイドたち、迷っている人のためにキャンプで大きな音を出そうと提案するハッチソン。特にスチュアートハッチソンは、地味に意思が強くて好き。


    こうしていればよかったのに、とは、その場にいないから言えること。
    文章には又聞きではない迫力があり、痛ましいけど面白いです。

  • たったひとりで、ロープも、金物類も使わずに登る夢想家、フリー•ソロイストが最高の賞賛を受ける。

    そういえば、じじの名前は昇だけど、
    登にも通ずるし、よい名前だ。

  • 自然の前には人間はちっぽけなもの。いつも謙虚でいなければ。

  • チョモランマ登頂の現実・難しさを教えてくれる
    何回読んでも心に響く本

  • この世の地獄…と思いながら読んでいると、余りに驚いて吹き出してしまうようなこともあって、でも最後はやっぱりものすごく悲しい。悲劇でしかない。ふらふらで登頂して、途中で死んでしまっても、それは登頂成功ということに激しく違和感。

全11件中 1 - 11件を表示

空へ―「悪夢のエヴェレスト」1996年5月10日 (ヤマケイ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空へ―「悪夢のエヴェレスト」1996年5月10日 (ヤマケイ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

空へ―「悪夢のエヴェレスト」1996年5月10日 (ヤマケイ文庫)の作品紹介

1996年5月10日、日本人女性第2登を果たした難波康子をはじめ6人の死者を出した遭難事故がエヴェレストで発生した。アメリカのアウトドア誌のレポーターとして、公募登山隊の実態をレポートするために参加した著者が、たまたま事故の当事者となり、生存者の証言など徹底取材のすえに著した山岳ノンフィクション。世界15カ国で出版、ベストセラーとなった。

空へ―「悪夢のエヴェレスト」1996年5月10日 (ヤマケイ文庫)はこんな本です

ツイートする