垂直の記憶―岩と雪の7章

  • 211人登録
  • 3.94評価
    • (35)
    • (33)
    • (35)
    • (3)
    • (0)
  • 41レビュー
著者 : 山野井泰史
  • 山と溪谷社 (2004年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635140058

垂直の記憶―岩と雪の7章の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これも「本の雑誌」山の本特集から。単独(もしくは少人数)でアルパインスタイルにより、新ルートでの高峰登頂を目指す。これはまさに私が思い描く登山家そのものだ。気負いや自信、ためらいや恐怖もありのままに(おそらく)書かれていて、どんどん引きつけられて読んだ。

    何と言っても最終第7章、ギャチュン・カン登頂の記録がすさまじい。これは妻と二人でのアタックだが、二人とも生還できたのはまったく奇跡と言っていいだろう。この生々しさは体験した者にしか書けない。圧倒された。

    それにしても、著者の妻である妙子さんというのは、まあ実にすごい女性だ。かなり個性が強そうな著者と、登山でも生活でもパートナーとして支え合っている。いや、生活面では、山のことしか考えない著者をしっかり支えている。こういう人がいるのだなあ。

    第4章で、パキスタンのレディーズ・フィンガーというビッグウォールにアタックしたときのことが書かれているが、ここで「ポーターレッジ」という耳慣れない言葉が出てきた。岩壁を何日もかけて登るとき使う物のようだが、はて?どんな物だろうと、何気なくネットで検索したら写真が出てきて、いやまあ、これにはぶったまげた。こんな所で!こんな風に!まったく登山家という人たちは常人ではないわー。

  • 2017.10

  • この作品は、著者によるヒマラヤのギャチュン・カンへの挑戦をノンフィクション作品として沢木耕太郎さんが著した『凍』のもとになった、著者自身による岸壁登攀の記録である。生い立ちからはじまり、なぜ世界の登山家を退けてきた岩壁への登攀を、無酸素・アルパインスタイルという個人中心の取り組みにより志すようになったのかがよくわかる。
    作品では自身の取り組んだ7つの岩壁、K2やチョ・オユーといった高峰やレディースフィンガーのような針峰への挑戦が、どちらかというと「たんたんと」綴られている。沢木さんの作品のような切迫感・絶望感は比較的抑えつつ、自分の視点・感覚による記録として構成しており、準備も含めこうした登攀の具体的なありさまがよく伝わってくる作品である。

  • 山野井泰史さんと妙子さん。憧れの登山家であり、憧れの夫婦だな。
    登攀の記録も興味深かったけれど、行間の合間に垣間見える、日常生活に感じ入った。お互いが死んだら木を植える(泰史さんはクヌギの木、妙子さんは柿の木)夫婦の約束や、繋がり。
    『やっぱり結婚してよかったと、ときどき、僕は思ったりしている……。』いう所で、ああいいなあと思ったのでした。
    登山家としての言葉で心にとまったのは『死はクライミングに失敗することよりずっと敗北』『クライマーの生死は、大自然が決めるのではなく、クライマー自身が決めている』であった。

  • 優れた登山家、それも、ヒマラヤのような高峰をアルパインスタイルで単独で登攀するような感覚・技術・体力に秀でた登山家の本は面白い。登山経験がないので、書かれている用語の意味が分からず、細部までは理解できていないのだが、それでも、危険、苦痛、達成感などを一定程度は追体験ができる。
    本書は、著者が遭難して死にかけ、凍傷により手足の指を合計10本も失った後、その登山を含めた7つの山行きの思い出が綴られている。孤独を愛し、世間的な価値基準の豊かさには興味を示さず、クライミングを中心とした山登りができれば何も要らないと言わんばかりの著者の生活だけでなく、その純粋さを欠いた挑戦が失敗に終わったときのことも堂々と書かれていて、そのようなことが、本書の真実味、著者の正直さを裏付けているように思われる。
    危険な登山を何度も行い、多くの仲間を山で失い、山で死ぬことや生きることの意味を人一倍知っている著者の言葉には、たとえようもない重みが感じられる。

  • 世界的なアルパインスタイルのクライマー
    山野井氏による
    登攀の思い出記である。

    凍傷で指を失うことになったギャチュンカンの登攀を含む
    それまでの主だった山行について
    の記憶と記録。

    本当に ウォールクライミングが好きなんだなということが
    伝わってくる。

    山野井は山に登っているだけではない
    そこに自分を見出しているのである。

    山にいって初めて出会える自分があるのだ。
    零下30度の 視力や 感覚がなくなりかけた
    その刹那にみえる自分と対話し、
    そのときの 空気を吸ってしまったものに

    通常の生活は 生ぬるくなってしまったのであろう。

    と 頭ではわかるが やっぱりすごいわ。

  • 786.1-ヤマ 000374454

  • 登頂への挑戦は山野井氏にとっては麻薬のような陶酔感を伴うものなのだろうか。登頂の成功よりも登り続けることの方にレゾンデートルを感じているようだ。己の命を賭けられるものを持っている人は眩しい。

  • 登山家である山野井泰史さんが自身の登山記録を
    当時の感情を踏まえて書いたドキュメンタリーです。

    山野井さんについて書かれた作品はいくつかありますが、
    やはり、本人が書いた文章だけあって説得力があります。

    また、原稿を書く仕事は好きな仕事ではないと言いつつも、
    表現は豊かですし、心情描写なども生き生きしていて、
    作家さんが書いたものと言われても信じてしまうくらいです。

    7つの山の登攀を7つの章に分け、1章で1つの山の登攀記録と
    言った体裁をとっています。

    当然、途中で登攀をやめて撤退したものや、凍傷で手足の指を
    失った登攀など、失敗したものもあります。

    どうして山に向かうのか、山を目前にしたときの心情など、
    本人にしかわからない事も描かれていて、山野井という
    登山家が身近に感じられました。

    山野井泰史という人物に興味が無くても、登山に興味が
    無くても、夢や目標を達成するには何が必要か、
    どのように準備していけばよいのかを教えてくれる本です。

  • 淡々と、1人の登山家の記録と記憶が綴られているのだが、兎に角ワクワクしっぱなしで即読了。

    読む人の人生に、多少なり影響を与える一冊の一つだと思います。

全41件中 1 - 10件を表示

山野井泰史の作品

垂直の記憶―岩と雪の7章を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

垂直の記憶―岩と雪の7章を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする