ゲッチョ先生の卵探検記

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 盛口満
  • 山と溪谷社 (2007年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635310260

ゲッチョ先生の卵探検記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 卵にまつわるエトセトラ、理科読み物。
    意外と知らないこと、というか考えてみりゃそうなんだけど考えたことなかった! ことがいろいろあって、今回も面白かったです。
    タマゴの夢を見そう。

  • 日本の中でも生卵を食べない地域がある。授業中、生徒たちの会話からそれを知った著者。卵ってどの部分がひよこになるの?ダチョウのゆで卵ってどんな味?などなどつぎつぎに浮かぶ卵への興味や疑問を生徒たちと一緒に解決していきます。

  • ホオジロザメって、母親の胎内で卵から孵って、排卵されてくる卵を食べて成長するんだって・・・!さすがジョーズ・・・

  • どうぶつ編 高学年~
    食べる卵って身近だけど、世界にはニワトリの卵だけじゃない、いろんな卵がある。ダチョウの卵、ヘビの卵、カエルの卵、魚の卵、昆虫の卵、恐竜の卵、いろーんな卵がある。だいたい、卵って何?どうしてあんなカタチなの?食べられるの?ゲッチョ先生の生徒になりたーい!

  • あまり他で見たことのないユニークな本.
    エッセイ? ノンフィクション? サイエンスかな.
    カルシウムが本職?のゲッチョ先生なので、割とスピンオフ的な卵の話.
    でもおもしろいなぁ.昔の素朴な小学校の理科研究って雰囲気がグー.

全5件中 1 - 5件を表示

盛口満の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

ゲッチョ先生の卵探検記はこんな本です

ツイートする