(山怪 続編) 山怪 弐 山人が語る不思議な話 続編

  • 121人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (10)
    • (17)
    • (1)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 田中康弘
  • 山と渓谷社 (2017年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635320085

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
エラ・フランシス...
高野 和明
宮部みゆき
加門 七海
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

(山怪 続編) 山怪 弐 山人が語る不思議な話 続編の感想・レビュー・書評

  • 火の玉もの、何かに騙されて同じところをグルグル回る系、土葬、昔の火葬ネタ、神の宿る木、登山ネタ、神隠しネタ、遭難ネタが多くて前作ほど入り込めずパッとしなかった。今回は関東や四国の山の不思議がメインでした。

    面白いなと思ったのは不可解な現象は、狐や狸、山鳥、キジなどのせいで、昔からそう決まっている。誰が何と言おうとそういう言い伝えで、それ以上深く追求しちゃいけない…という阿吽の呼吸のような雰囲気なところと、怖いものはひたすら無視!みたいなところも興味深かった。山に入る仕事をしている人は肝が据わっているのと同時にスルースキルが高くないとやってられないな…と思った。パニックになって走り出すと命を落としてしまうだろう。山と人との境界線は目に見えないけど確実に存在するんだなと感じた。境界線を越えてしまうともう…。

  • 短編日本化かされ話

  • 1巻目よりこちらの方が面白かった。

  • 不思議なことはいっぱいある。その思いがこの本で実感出来る。3冊目を期待してます。

  • 20170611 怪異譚は山と田舎が似合う。同じような話でも都市伝説になるときみ悪さが違って来る。自分は会った事は無いが山の経験から有っても不思議は無いように思う。

  • オチはないけどこういう本なのでしょうね

  •  現在、絶滅が危惧されている文化の一つが山里文化である。規制が厳しくなってマタギや猟を止める人が増え、若者は厳しい山から離れていく。山での出来事を語る人が消え、聞く人が消える。ならば完全に消える前にせめて収集せねば、と著者が聞き集めて著した山里怪談集の二作目だ。
     今作も山里ならではの話に溢れており、山中に臨むことの面白さと恐ろしさを伝えてくれる。いつか、同じく山に纏わる怪談を多く上梓している安曇潤平氏と対談してほしい。きっと濃い内容になるだろう。
     本書にも収録されている色々な話は昔から起きていて、物の本に目を通すと、過去に亡くなった樵の霊「古杣」の仕業である、「天狗笑い」「天狗隠し」「天狗火」と呼ばれるように天狗の仕業である、と昔の人も当人なりの理屈で「そういうものだ」と結論づけている。理に適っていなくてもひとまず結論づけることで恐怖を弱め、生活のため、生きるためにいつものように山に入っていくのだ。
     それを踏まえると、狐狸妖怪の仕業と断ずることも錯覚と断ずることも同じことのように思え、人の意識構造は今も昔もそんなに変わっていないように思えてしまった。

  • 人が1番偉いなんて思ってはいけない場所。

  • いろいろ興味深い話が収められている。

  • 第2弾ということで若干ネタが薄くなったような印象があるし、それ山の話じゃないやん! とツッコミたくなる小咄もいくつかあったりするが、全体としては前作を踏襲して不気味な空気を醸し出している。
    山の仕事を生業にしている人たちとは比べるべくもないが、自分も趣味レヴェルでチョロチョロと山歩きをする機会が多いので、勝手知ったる山なのになぜだか迷ってしまうことがある…とか、誰もいないのに足音だけがついてくる…といった類の怪異はとても距離が近く感じられて、特に恐ろしい。

  •  前作に続き、山人が語る山での不思議な現象について。
     前作は阿仁マタギの話が多かったが、今作では四国を中心に全国の話を蒐集している。
     
     山怪は人に悪さをしないこともある。
     そこに意味を求めることは無意味である。

     特に、火の玉と拝み屋にまつわる話が多かった。

  • 前巻の語り口はそのままに、最終地を全国各地に広がっている。

  • <目次>
    第1章  胸騒ぎの山
    第2章  彷徨える魂
    第3章  森の咆哮

    <内容>
    山の怪異についての本、第2弾。相変わらず淡々と聞いたことが綴られるだけ。怖さはさほどないが、不思議感が残ります。

  • 一巻目は秋田の阿仁またぎの話が多かったが、二巻目は丹沢や四国などフィールドが広い。

  • やまでの怪異を坦々と語る。余計なものがなくて面白かった。

  • 怪異の記録としても貴重な証言の数々だろう。
    取材大変だろう…

    不思議と山や宿など、出てくる舞台に行きたくなるのでなんか大昔もこういう風に紹介?紀行文の形で各地の魅力を伝えてたんでしょうね。

    好きな人は好きでしょう。

全16件中 1 - 16件を表示

(山怪 続編) 山怪 弐 山人が語る不思議な話 続編を本棚に登録しているひと

(山怪 続編) 山怪 弐 山人が語る不思議な話 続編を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

(山怪 続編) 山怪 弐 山人が語る不思議な話 続編を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

(山怪 続編) 山怪 弐 山人が語る不思議な話 続編を本棚に「積読」で登録しているひと

(山怪 続編) 山怪 弐 山人が語る不思議な話 続編はこんな本です

(山怪 続編) 山怪 弐 山人が語る不思議な話 続編のKindle版

ツイートする