庭で飼う、はじめてのみつばち ホビー養蜂入門

  • 54人登録
  • 3.71評価
    • (3)
    • (9)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
  • 山と溪谷社 (2008年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635450089

庭で飼う、はじめてのみつばち ホビー養蜂入門の感想・レビュー・書評

  • みつばちをペットとして飼いたい!
    という気持ちの高ぶりとともに入手。

    そして春になってみつばちを見かけるようになると、
    毎年本棚からとりだして眺めています。
    ほかにも初心者向けのみつばちの本はいくつかありましたが、
    ヤマケイだったのでこの本にしました。

    写真も美しく、内容も「こうすれば飼える」という内容で満足です。
    またご近所との調整が壁という現実感も伝わってよかったです。

  • 自分の性格や、いまの生活、環境などを考えると、養蜂を始めるのは難しいのですが、憧れとしては、「庭で蜜蜂を」という気持ちはあります。
    趣味の養蜂ってどんな感じかなと興味本位で手に取った本ですが、なかなか、憧れをくすぐってくれる内容でした。
    これ一冊あれば、誰でも庭で蜜蜂が飼える。というノウハウ本とはちょっと違いますが、先輩養蜂家や全国の養蜂業者、養蜂に関する情報サイトなどが紹介してあり、この一冊から色々知識を広げていけられそうです。

  • 養蜂をやることになったので、読み始めました。
    用法を楽しんでいる人、みつばちの生態、飼い方の注意点などが
    網羅されていて、初心者には最適だと思います。

  • とても軽い本で、きれいなカラー写真とスケッチが多くて楽しめました。
    当てにしていた情報としては直接得るものがあまりありませんでしたが、情報を得られる手段を手に入れることができましたし
    思わぬ大事な情報も得ました。
    最もこれだけならばネットでも得られることでもありますが、人生を注ぎ込んでいるような趣味の養蜂家が増えていることが実感として伝わってきたことはこの本ならばこそだったと思います。
    皆さんの楽しそうに忙しくしている姿を感じ取れました。
    何が魅力なのかを理解するためには、自分で飼ってみるしかなさそうですね。
    飼うという言葉すら当てはまっていないような、付き合い方に触れて益々興味が出ているところです。
    自分や生き物や社会という相関関係を見極めるためにも、ピッタリの素材となってくれるかもしれません。
    労働と奉仕と自分の喜びと自由と集いとの関係を見る鏡となってくれるような気もします。
    ペットでも家畜でもなく、ミツバチと共に暮らしてみたいと考え出しています。

  • タイトルだけ見ると、飼育本のように見えますが、
    既ににみつばちを買っている人たちを紹介する本。

    みつばちに魅せられてしまった人たちの、
    みつばちと共に暮らしている日々徒然。
    写真が多く、文字による説明も適量で、
    可愛くわかりやすくほのぼの出来る本です。

    こういう生活って良いなーと思っても、
    なかなか実行には移せないもの。
    ならば養蜂場へ!!てことで、
    各地にある養蜂場など、
    みつばちやはちみつと出会える場所(一部)の一覧もあります。

    残念ながら、その一覧にはわが町静岡の掲載なしたらーっ(汗)
    なのでちょっと悲しくなって★1個減らし。。

  • ミツバチ飼えるような気持ちになります。いや、飼いたい。

  • 羊飼いに憧れる風に、養蜂家に前から憧れを抱いていた。飼うのはしばらく無理そうなので、博物館に行ってみたい。

  • 面白そうだけど、うちの庭じゃ無理

  • ミツバチを飼うのが昔からの夢です。環境が整わないから無理かな・・・と思いつつ、これを読むとちょっと・・・飼える気がしてくる・・・飼っちゃおうかな・・・って気になる・・・

  •  定年後の田舎暮らしで、自家製はちみつを作り始めた人、森の中で養蜂講座を開くペンション…カラフルな写真とともに綴られる実例ルポから始まって、みつばちの飼い方はもちろん、日本のはちみつ花図鑑、生産地リスト、はちみつ酒やみつろう作りetc…養蜂に関心のある読者の心をくすぐる情報がいっぱい。巻末の「みつばち相性診断チャート」もぜひ試してみよう!(S)

  • 家で蜂と作るはちみつ!

  • ハチミツ図鑑としても使えます。
    甘いものが食べたくなる〜。

    意外にハードな養蜂業のお話。

    しかし都会でミツバチを飼うのは、
    地域の人たちが了承しているとはいえ、
    やっぱり顰蹙モノだと思うけど。
    (事後承諾だから、飼っているものを破棄しろとは言いづらいし
    ハチミツを分けてもらったりすれば余計に言えないだろうな・・・)

    定年退職した老夫婦が田舎で〜、ていうのは素敵。
    あと、蜂がハチミツを集める理由について書いていないのが意外。

全13件中 1 - 13件を表示

庭で飼う、はじめてのみつばち ホビー養蜂入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

庭で飼う、はじめてのみつばち ホビー養蜂入門を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

庭で飼う、はじめてのみつばち ホビー養蜂入門を本棚に「積読」で登録しているひと

庭で飼う、はじめてのみつばち ホビー養蜂入門の作品紹介

家庭菜園の次は、自家製のはちみつ作りをしませんか。みつばちは、かわいくてかしこいパートナー。花いっぱいのあなたの庭を、もっと豊かにしてくれるはず。

庭で飼う、はじめてのみつばち ホビー養蜂入門はこんな本です

ツイートする