屋久島で暮らす あるサラリーマンの移住奮闘記 (山溪叢書)

  • 21人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (5)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 菊池淑廣
  • 山と溪谷社 (2008年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635480024

屋久島で暮らす あるサラリーマンの移住奮闘記 (山溪叢書)の感想・レビュー・書評

  • どこで暮らすにしても、その場所の文化に馴染む力は大事なんだよーねー。

  • この手の本を読むとき、あまり読み進めようとは思わない。寝る前に、ちょっとずつ...、そんな感じがたいていなのだけれど、この本はなぜかさくさくっと読み進めてしまった。ネガティブな面はほとんど書かれておらず、常に、どんな状況であろうとポジティブ。いかなることも前向きに捉えることが、いかに原動力となるか、そんなことを教えられた気がした。子どものことは多く書かれていたけれど、奥さんのことがほとんど書かれていなかったのが残念。奥さんの視点、も読んでみたい。

  • 原生林以外の屋久島

  • 特に参考になると思われる情報は見つけられず。。。。

  • 東京から屋久島に移住した家族。
    その一家の主である30代男性の記録。
    南の島に住んでみたいという願望は常にあるけれど
    やはり家庭を持たないとがんばれないのかなとも思う。

    【図書館・初読・2/13読了】

全6件中 1 - 6件を表示

屋久島で暮らす あるサラリーマンの移住奮闘記 (山溪叢書)を本棚に登録しているひと

屋久島で暮らす あるサラリーマンの移住奮闘記 (山溪叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

屋久島で暮らす あるサラリーマンの移住奮闘記 (山溪叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

屋久島で暮らす あるサラリーマンの移住奮闘記 (山溪叢書)の作品紹介

この島で暮らせたら…夢を実現した家族の物語。驚きと発見の日々を、屋久島から実況中継!「田舎暮らし」をしたい人に役立つ情報を満載。『ヤマケイJOY』の好評連載記事に、書き下ろしほか、移住情報をプラス。

屋久島で暮らす あるサラリーマンの移住奮闘記 (山溪叢書)はこんな本です

屋久島で暮らす あるサラリーマンの移住奮闘記 (山溪叢書)のKindle版

ツイートする