坂本龍馬を歩く (歩く旅シリーズ 歴史・文学)

  • 14人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 一坂太郎
  • 山と溪谷社 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784635600699

坂本龍馬を歩く (歩く旅シリーズ 歴史・文学)の感想・レビュー・書評

  • 生まれた高知を訪ねて、歩きたい 山内一豊が長宗我部の遺臣たちを弾圧したことで、上士と下士をつくったことが土佐の悲劇を生む そこから維新をつくるエネルギーが生まれたことは歴史の必然なのかとも思う 

全1件中 1 - 1件を表示

坂本龍馬を歩く (歩く旅シリーズ 歴史・文学)を本棚に登録しているひと

坂本龍馬を歩く (歩く旅シリーズ 歴史・文学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

坂本龍馬を歩く (歩く旅シリーズ 歴史・文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

坂本龍馬を歩く (歩く旅シリーズ 歴史・文学)を本棚に「積読」で登録しているひと

坂本龍馬を歩く (歩く旅シリーズ 歴史・文学)はこんな本です

坂本龍馬を歩く (歩く旅シリーズ 歴史・文学)の単行本

ツイートする