ウェーバー プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (有斐閣新書 D 4)

  • 23人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 安藤 英治 
  • 有斐閣 (1977年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641087361

ウェーバー プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (有斐閣新書 D 4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • M・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』の解説書。これまで読んだウェーバーの入門書の中ではもっとも分かりやすかった。

    第1章では、ウェーバーの生涯から『プロ倫』の問題意識につながる契機を取り上げて紹介されている。簡潔で分かりやすいが、本書を手に取る人がウェーバーについての初学者だということを考慮すれば、ウェーバーとは誰なのかが分かるように、彼の生涯全体の解説があったほうがよいのではないかという気がする。

    第2章以下では、個別のテーマについてたいへん分かりやすい言葉で解説がなされている。ウェーバー解釈上の争点となってきた点については、ある程度ていねいに論じられている。

全1件中 1 - 1件を表示

ウェーバー プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (有斐閣新書 D 4)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ウェーバー プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (有斐閣新書 D 4)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウェーバー プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (有斐閣新書 D 4)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウェーバー プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (有斐閣新書 D 4)を本棚に「積読」で登録しているひと

ウェーバー プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (有斐閣新書 D 4)はこんな本です

ツイートする