複雑さに挑む社会心理学 改訂版--適応エージェントとしての人間 (有斐閣アルマ)

  • 94人登録
  • 3.89評価
    • (5)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 有斐閣 (2010年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641124189

複雑さに挑む社会心理学 改訂版--適応エージェントとしての人間 (有斐閣アルマ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 集団に組み込まれた個人を基礎に,「適応」と「マイクロ─マクロ関係」をキーワードとして,統合的な視点から「人間の社会性」を追究した,新しい社会心理学のテキスト。行動・実験経済学や社会神経科学等,10年間の研究知見を加えて,内容を刷新。
    http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641124189

    【目次】
     序 章 「人間の社会性」をどう捉えるか?
    第1部 集団生活と適応
     第1章 社会的影響過程
     第2章 社会的交換
     第3章 グループとしての協調行為
     第4章 社会環境と適応行動
    第2部 適応を支える認知
     第5章 社会的認知のメカニズム
     第6章 集団間認知とステレオタイプ
     終 章 統合的な社会心理学に向けて

  • 「適応」をキーワードに単純なゲーム理論の観点の話などから始まり、マイクロ‐マクロ関係を通じて、社会における人間の行動や認知(個人の価値観などがどのように社会からの影響をうけるのか)の仕組み、文化の成り立ちなどについて解説している。当然未完成ではあるが、豊富な参考文献もあり、将来への展望も開けているような印象を受ける。楽しい一冊。

  • 社会心理学の入門書として最適。適応理論とマクロ-マイクロのフレームワークで、社会心理学全体の体系的な解説を試みる。分かりやすく、基礎的な内容が網羅されている。

  • 最近、集団が1つの意志をもった存在のようにある一定の方向に向かう事がよくあるように感じていました。
    そこで「集団」の意志ってなんだろう?と思って読んだのがこの本です。


    内容は、自分や自分の身の回りの人々が起こす行動が研究として分析されており、つい「確かに」と思ってしまいました。
    ゲーム理論なども心理学的な観点から考察されているのがおもしろかったです。
    特に、グループになると各メンバーの最大能力を発揮できなくなる(ちょっと語弊がありますが)問題や、カテゴライズの問題や集団極性化の問題は考えさせられるものがあります。

    社会心理学の中身についても興味深かったのですが、なによりも終章の「メタ理論」や「統合的な社会心理学」という考え方に共感しました。
    これはつまり、トピックスがただ並んでいるのみで物語がない状態から、何かの視点を持ち込むことで物語として各トピックスを関連付けるということです。
    キュレーションという言葉が一時話題になりましたが、それに近いものがあるのかなと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

村田光二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
スティーヴン・D...
國分 功一郎
J・モーティマー...
デュルケーム
有効な右矢印 無効な右矢印

複雑さに挑む社会心理学 改訂版--適応エージェントとしての人間 (有斐閣アルマ)に関連するまとめ

複雑さに挑む社会心理学 改訂版--適応エージェントとしての人間 (有斐閣アルマ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

複雑さに挑む社会心理学 改訂版--適応エージェントとしての人間 (有斐閣アルマ)の作品紹介

「適応」と「マイクロ‐マクロ関係」という2つのキーワードを軸に、統合的な視点から「社会的動物」としての人間の姿に迫ります。初版刊行後の新しい研究知見を盛り込んだ改訂版。

複雑さに挑む社会心理学 改訂版--適応エージェントとしての人間 (有斐閣アルマ)はこんな本です

ツイートする