進化と感情から解き明かす 社会心理学 (有斐閣アルマ)

  • 55人登録
  • 3.86評価
    • (3)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 有斐閣 (2012年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641124660

進化と感情から解き明かす 社会心理学 (有斐閣アルマ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 某所に頼まれて書評を書いたのです。

  • 進化と感情が,人間の社会的行動にどのように関わるのか,を新しい枠組みから解説している。

  • 実は先日来、あるwebサービスが炎上しているのを眺めていたのですが、そのwebサービスの運営側が炎上について「嫉妬による誹謗中傷」なので取り合わない、という姿勢に大きな違和感を感じました。
    たとえそうだとしてもこれだけの嫉妬を集めるには何か原因があるに違いない。嫉妬は確かに醜く不快な物ですが、そもそも嫉妬という感情を人間が持っている以上、何か適応的な機能があるはず。そしてそれが分かれば何がこれほどの嫉妬のトリガーになるのか分かるし、今回のような炎上の防止策も立てられるのでは?その辺が知りたい!ということで関係しそうな入門書を読もうと。(前置き長っ!)

    で、この本。
    とても分かり易くてすらすら読めました。私たちは高度に複雑な行動をとっているつもりが、実は意識的ではなく、思った以上に自動的で無意識の反応で出来ていること、利他的な行動も集団生活に適応するよう進化した結果であること(適者生存、と単純には言い切れない)などがよく分かりました。

    私が知りたかった嫉妬の機能については、男女の三角関係においての嫉妬については説明されていたのですが、自分に直接の関わりがなくても、他の人がなぜか多く得ているのを目の当たりにした時の妬みは無かった…。それは妬みではなくて、不公平への応報感情なのかも知れないですね。もう少し他の本も読んでみようと思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

北村英哉の作品

進化と感情から解き明かす 社会心理学 (有斐閣アルマ)に関連するまとめ

進化と感情から解き明かす 社会心理学 (有斐閣アルマ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

進化と感情から解き明かす 社会心理学 (有斐閣アルマ)を本棚に「積読」で登録しているひと

進化と感情から解き明かす 社会心理学 (有斐閣アルマ)の作品紹介

「進化」と「感情」を切り口にした社会心理学の入門テキスト。人間の感情は、何のために進化したのか。そして、感情は人間の社会的行動にどのような影響を与えるのか。進化論のレンズを通して社会的行動をとらえ直す、新しい知的興奮。

進化と感情から解き明かす 社会心理学 (有斐閣アルマ)はこんな本です

ツイートする