比較政治学の考え方 (有斐閣ストゥディア)

  • 20人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 有斐閣 (2016年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641150317

比較政治学の考え方 (有斐閣ストゥディア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 比較政治学はどのような学問かってのを教えてくれる教科書的本。テーマは主に新興国家における国家、民主化、民主主義体制の持続、権威主義体制の持続、内戦、執政制度、政党制度、軍、社会運動、民族、民主主義の質、新自由主義について。
    それと因果推論のための主要方法である統計分析、ゲーム理論、事例研究の3つと、独立変数である構造、制度、アクターの3つによる研究の分類について。

全1件中 1 - 1件を表示

久保慶一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國重 惇史
瀧川 裕英
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

比較政治学の考え方 (有斐閣ストゥディア)の作品紹介

クーデタ、内戦、デモなど、世界では、さまざまな政治現象が起こっています。そうした政治現象を理解するためには、どういった点に着目すればよいのでしょうか。本書は、とくに新興国の政治現象を理解するうえで重要なテーマを取り上げ、構造、制度、アクターという3つの点に着目して、比較政治学の「考え方」を説明していきます。

比較政治学の考え方 (有斐閣ストゥディア)はこんな本です

ツイートする