金融技術の考え方・使い方―リスクと流動性の経済分析

  • 42人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 齊藤誠
  • 有斐閣 (2000年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641160989

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤 秀史
ジョン・ロールズ
ジョージ・A・ア...
リチャード・ドー...
有効な右矢印 無効な右矢印

金融技術の考え方・使い方―リスクと流動性の経済分析の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

金融技術の考え方・使い方―リスクと流動性の経済分析を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

金融技術の考え方・使い方―リスクと流動性の経済分析の作品紹介

本書では、新しい市場制度を十分に加味しながら、金融技術全般についてその理論的な評価や実際的な運営に重心を置いている。複雑な金融・資本市場の現象に対して、それを理解するための理論的な枠組みをきっちりと提示し、同時に制度的な実態を丁寧に記述することを通じて、金融・資本市場がどのように機能し、その結果、リスクがどのように配分され、どのように評価されるのか、さらには、どのような政策的な措置が円滑な機能を保障するのか、について掘り下げて議論を展開した。

金融技術の考え方・使い方―リスクと流動性の経済分析はこんな本です

ツイートする