エスニック・アメリカ―多民族国家における統合の現実 (有斐閣選書)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 有斐閣 (1997年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784641182745

エスニック・アメリカ―多民族国家における統合の現実 (有斐閣選書)の感想・レビュー・書評

  • モントゴメリー・バス・ボイコットにおけ る一部始終は知っているつもりであったが、偶然起きた事ではないと知り驚いた。人種差別の問題は、それが起きたことを知るだけでは足りず、それが起きた理由と経緯を知らなければ、この問題の全体像を把握できないことがわかった。バス・ボイッコット事件だけではなく、過去から現在に到るまでの歴史的経緯を見なければ理解することはできない。また、黒人間でも貧富の格差があること、「アンダーグラス」という言葉が存在することを知らなかった。この本を通して問題の理解に努めたいと思う。

  • アメリカの混迷を極めるエスニック状況。
    ヒスパニックが大量流入したのは他でもないアメリカによる移民政策の転換が災いしたものだ。それに加え、新たな移民を迎えざるを得ないというアメリカ側の思惑もあり、「自由の国、アメリカ」に流れ着く者は後を絶たない。

全2件中 1 - 2件を表示

エスニック・アメリカ―多民族国家における統合の現実 (有斐閣選書)を本棚に登録しているひと

エスニック・アメリカ―多民族国家における統合の現実 (有斐閣選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エスニック・アメリカ―多民族国家における統合の現実 (有斐閣選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

エスニック・アメリカ―多民族国家における統合の現実 (有斐閣選書)の作品紹介

アメリカにとって、エスニシティとは何か。たえず繰り返されてきたこの問いに、正面から向き合う1冊。とくに黒人・ヒスパニック・アジア系をめぐる新しい状況をみつめ、「多様の統一」の再検討をめざす。

エスニック・アメリカ―多民族国家における統合の現実 (有斐閣選書)はこんな本です

ツイートする