北条義時 (人物叢書)

  • 20人登録
  • 3.27評価
    • (0)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 安田元久
  • 吉川弘文館 (1986年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642050333

北条義時 (人物叢書)の感想・レビュー・書評

  • 刊行されたのがだいぶ前なので、この後に発表されている論文、本の参照が必須。

  • [ 内容 ]
    鎌倉政権確立期の執権北条義時に対しては、従来史家の批判は厳しかった。
    しかし義時は果して悪逆者か?
    源氏の正統を根絶し、承久の乱には三上皇を遠島に流したことは事実だが、当時の人心に映じた義時の姿はどうか。
    新しい時代の透徹した史眼によってのみなし得る義時評とその生涯、繰りひろげる絵巻の如き妙味を綴る。

    [ 目次 ]
    1 江間の小四郎
    2 源平合戦と義時
    3 頼朝と義時
    4 政治的生涯の始まり
    5 北条氏の擡頭
    6 北条父子の相剋
    7 執権義時の政治
    8 公武関係の推移と実朝の死
    9 朝幕関係の危機
    10 承久の乱と義時
    11 執権政治確立への途
    12 人間義時とその子女

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 時の周りはどうかとか背景の話なので人間味は薄いかも
    背景を知りたい人にはオススメ

全4件中 1 - 4件を表示

北条義時 (人物叢書)はこんな本です

ツイートする