世阿弥 (人物叢書)

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 今泉淑夫
  • 吉川弘文館 (2009年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642052504

世阿弥 (人物叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    室町時代の能作者。
    少年時より才に秀で、観世大夫家を継いだ世阿弥は、現代に続く能楽を大成した。
    その生涯は足利義満・義持・義教の三代に及ぶ波瀾に富むもので、晩年の佐渡配流の理由や禅宗信仰の内実などには未だ定説がない。
    「夢幻能」と芸論に「不二思想」の影響を見、「秘すれば花」と言い切った独創的世界に迫り、新たな世阿弥像を描く。

    [ 目次 ]
    第1 世阿弥の初期
    第2 世阿弥の中期
    第3 世阿弥の後期
    第4 世阿弥の作能
    第5 世阿弥の芸論
    第6 世阿弥と禅

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「日本初の総合芸術家、世阿弥のメンタリティと正々堂々と斬りむすぶ。幽玄とは何だ?」 by 本郷 和人

  • 現時点までの研究史も踏まえた世阿弥の生涯を資料に基づき書かれた本書。最後に筆者の世阿弥の思想的背景を禅の「不二」へ収斂させ、本書を閉じている。そこへの反論はあるが、やはりそう主張するだけの客観的根拠としての資料も挙げており、大変益の多い本であった。

  • 不二

    といった言葉が、深く考えさせられる本でした。。。とても、良かったです。

    ただし、学者じゃない素人の僕には最後20ページだけでいいかな?。。。すいません。

全4件中 1 - 4件を表示

今泉淑夫の作品

世阿弥 (人物叢書)を本棚に登録しているひと

世阿弥 (人物叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世阿弥 (人物叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

世阿弥 (人物叢書)の作品紹介

室町時代の能作者。少年時より才に秀で、観世大夫家を継いだ世阿弥は、現代に続く能楽を大成した。その生涯は足利義満・義持・義教の三代に及ぶ波瀾に富むもので、晩年の佐渡配流の理由や禅宗信仰の内実などには未だ定説がない。「夢幻能」と芸論に「不二思想」の影響を見、「秘すれば花」と言い切った独創的世界に迫り、新たな世阿弥像を描く。

ツイートする