魔女裁判―魔術と民衆のドイツ史 (歴史文化ライブラリー)

  • 35人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 牟田和男
  • 吉川弘文館 (2000年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642055024

魔女裁判―魔術と民衆のドイツ史 (歴史文化ライブラリー)の感想・レビュー・書評

  • 著者は、『魔女とキリスト教』の著書もある上山安敏先生に師事し、先生との共同編集で『魔女狩りと悪魔学』も上梓している西洋法制史家である。共同編集といっても全9章のうち5章分は牟田氏が執筆しており、従来は同書が氏の実質的な代表著作であったと言えよう。

    今回拝読した『魔女裁判』は、『魔女狩りと悪魔学』の成果を踏まえ一書としてコンパクトにまとめたもの。キリスト教知識人の悪魔との契約に基づく新しい魔女観と、民衆レベルでの害悪魔女・性愛魔女を中心とする伝統的な魔女観とが複雑に絡み合う中で、魔女裁判に狂奔した当時の社会的実態を明らかにしようとする。この意味では両書が重なる部分も多い。

    本書で特徴的なのは、特に一章を設けて現代ドイツに残る魔女迫害についても言及している点だ。このような民間の魔女信仰に対しては、1950年代にヨハン・クルーゼが魔女妄想批判と魔術書追放運動を推進している。しかし、魔術書追放も学問の自由と表現の自由の壁に阻まれ、運動自体は部分的な成果を得るにとどまったようである。

  • もうちょっと踏み込んでほしかった。

全2件中 1 - 2件を表示

魔女裁判―魔術と民衆のドイツ史 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔女裁判―魔術と民衆のドイツ史 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

魔女裁判―魔術と民衆のドイツ史 (歴史文化ライブラリー)の作品紹介

16〜17世紀、魔女の烙印を押され、迫害を受けた人びとがいた。その告発は民衆のなかから沸き起こり、大勢の無実の人びとが処刑された。魔女裁判はどのように行なわれたのか。ドイツ史のなかの魔術と民衆をみつめる。

魔女裁判―魔術と民衆のドイツ史 (歴史文化ライブラリー)はこんな本です

ツイートする