加藤清正―朝鮮侵略の実像 (歴史文化ライブラリー)

  • 20人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 北島万次
  • 吉川弘文館 (2007年3月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642056304

加藤清正―朝鮮侵略の実像 (歴史文化ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読後気分→(*ノェノ)キャ
    戦国武将の加藤清正の伝記。朝鮮出兵の時を主としており、言わせてもらうと、清正のことだけでなく、豊臣秀吉の朝鮮出兵の話としても参考になります。

    加藤清正にいれこむこと無く、一歩ひいて冷静に客観的に彼を見ているかのように描いてあるのが印象的でした。とはいうものの、加藤清正を俯瞰して見ているのではなく、彼を間近で観察しているような、一緒に彼と歩んでいるような…、そんな感じでした。

    また、朝鮮出兵における日本側と朝鮮・明側の駆け引きも見事に描かれていました。小西行長と明の沈惟敬との緊張感あふれる欺瞞外交の様子もさることながら、加藤清正と朝鮮の僧松雲大師惟政との会談の様子の活写っぷりが非常に良かったです。

  • 朝鮮侵略における加藤清正の役割、その生き方。専門書に近く、気軽には手を出しにくいが、朝鮮侵略についても実像が見えてきた。

全2件中 1 - 2件を表示

加藤清正―朝鮮侵略の実像 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

加藤清正―朝鮮侵略の実像 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

加藤清正―朝鮮侵略の実像 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

加藤清正―朝鮮侵略の実像 (歴史文化ライブラリー)の作品紹介

豊臣秀吉子飼いの武将であり、虎退治伝説で有名な加藤清正。はたして彼は忠君・武勇の英雄なのか、無慈悲・兇暴な侵略の尖兵だったのか。秀吉の朝鮮侵略における清正に焦点をあて、新たな人物像と侵略の実態を描く。

加藤清正―朝鮮侵略の実像 (歴史文化ライブラリー)はこんな本です

ツイートする