博覧会と明治の日本 (歴史文化ライブラリー)

  • 25人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 國雄行
  • 吉川弘文館 (2010年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642056984

博覧会と明治の日本 (歴史文化ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 開国、そして異文化の流入によって花ひらいた転換期・明治。現在の素地となる様々な出来事や潮流が生まれた明治文化の多様性をご紹介します。
    <閲覧係より>
    欧米の文明国と肩を並べるため、明治政府は国内外の博覧会への参加や開催を奨励する。ところがその博覧会、思いもよらない変貌を遂げることとなる。まるで遊園地、見世物・・・娯楽化が進み、収拾がつかないほどの盛り上がりをみせることとなる。その熱気、面白さはこの時代だからこそのものだったに違いない。
    -------------------------------------
    所在番号:606.91||クニ
    資料番号:10198134
    -------------------------------------

全1件中 1 - 1件を表示

國雄行の作品

博覧会と明治の日本 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

博覧会と明治の日本 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

博覧会と明治の日本 (歴史文化ライブラリー)の作品紹介

幕末のパリ万博への参加に始まる日本の博覧会。明治新政府は、欧米の文明国に列するため、国内外での博覧会への参加・開催を奨励する。その後変貌していく"博覧会"は、日本の近代化にいったい何をもたらしたのか。

博覧会と明治の日本 (歴史文化ライブラリー)はこんな本です

ツイートする