〈新〉弥生時代: 五〇〇年早かった水田稲作 (歴史文化ライブラリー)

  • 12人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 藤尾慎一郎
  • 吉川弘文館 (2011年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642057295

〈新〉弥生時代: 五〇〇年早かった水田稲作 (歴史文化ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  学校のレポート作成のため購入し読んだ。先生曰く、「この本は弥生時代の新しい教科書になる」。
     教科書らしく、半分ぐらい飛ばして読んだが、いいレポートが書けたと思う。
     

  • 炭素14年代測定法の精緻化により、弥生時代は従来の考え方より500年早く始まることが分かってきた。その意味は、単に始まりが早いことにとどまらず、水田耕作が広がるスピードがかなり遅く、日本列島には異なるタイプの生業をベースとするいくつかの文化が広がっていたことが想定されるのだという。これまでの歴史観がくつがえされていくストーリーは、門外漢でもワクワクした。

    よくよく考えると日本が同じ文化の下に置かれたのは、旧石器時代を除くと、明治以降に限られるという指摘も意外な点だった。その多様性が本格化した時代として弥生時代は位置づけられるべきだとする(p214)。ある文化と別の文化の間には「ボカシ」というべき、中間地帯を想定する考え方も興味深い。このあたり、中世・近世史の立場からも一考してみたい点である。

    歴史人口学の立場からは、弥生時代の人口増加率を推計したp.200以降の章も気になる章だった。

  • 炭素14年代測定法で、弥生時代が500年遡る。まだ批判も多い説だけど(それに対しての反論もまた良い!)、時間が長くなったことでゆっくりとした稲作の広がりや文化の混在、人口の増え方などが生き生きと見えてきた気がします。久し振りに歴博行きたくなりました。

全4件中 1 - 4件を表示

藤尾慎一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

〈新〉弥生時代: 五〇〇年早かった水田稲作 (歴史文化ライブラリー)を本棚に登録しているひと

〈新〉弥生時代: 五〇〇年早かった水田稲作 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

〈新〉弥生時代: 五〇〇年早かった水田稲作 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

〈新〉弥生時代: 五〇〇年早かった水田稲作 (歴史文化ライブラリー)の作品紹介

「炭素14年代測定法」の衝撃が、これまでの弥生文化像を覆しつつある。東アジアの国際情勢、鉄器がない当初の数百年、広まりの遅い水田稲作、村や墳墓の景観…。五〇〇年遡る"新"弥生時代における日本列島像を描く。

〈新〉弥生時代: 五〇〇年早かった水田稲作 (歴史文化ライブラリー)はこんな本です

ツイートする