聖武天皇が造った都―難波宮・恭仁宮・紫香楽宮 (歴史文化ライブラリー)

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 小笠原好彦
  • 吉川弘文館 (2012年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642057394

聖武天皇が造った都―難波宮・恭仁宮・紫香楽宮 (歴史文化ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お仕事用。たまにはうにゃんだって勉強するんだいっ‼

全1件中 1 - 1件を表示

小笠原好彦の作品

聖武天皇が造った都―難波宮・恭仁宮・紫香楽宮 (歴史文化ライブラリー)を本棚に登録しているひと

聖武天皇が造った都―難波宮・恭仁宮・紫香楽宮 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

聖武天皇が造った都―難波宮・恭仁宮・紫香楽宮 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

聖武天皇が造った都―難波宮・恭仁宮・紫香楽宮 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聖武天皇が造った都―難波宮・恭仁宮・紫香楽宮 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

聖武天皇が造った都―難波宮・恭仁宮・紫香楽宮 (歴史文化ライブラリー)の作品紹介

奈良時代、聖武天皇は難波宮・京を再興し、ついで突然に平城京を出ると、恭仁宮・京、紫香楽宮を造営し、五年にわたり、これらの都城を転々とした。今なお謎の多いこの行動を、最新の発掘成果と唐の三都制をもとに読み解く。

ツイートする