大久保利通と東アジア: 国家構想と外交戦略 (歴史文化ライブラリー)

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 勝田政治
  • 吉川弘文館 (2016年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642058193

大久保利通と東アジア: 国家構想と外交戦略 (歴史文化ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明治0年代の東アジアとの外交折衝を、大久保利通を起点として見る一書。内地優先主義の大久保が、いかに清との戦争をせずに台湾・琉球・朝鮮・樺太と日本の関係を(自国に有利なように)構築しようとしてきたかを述べている。

    もっともスリリングなのは、やはり大久保が直接交渉に乗り出した征台の役のさいの清とのやりとり。逆にいうとそのほかは黒幕的な立ち位置なので、どうしても主役は別の人物たちにならざるをえない。いやそれはいいのだけど、政治過程史的な叙述を取っているので、「大久保利通」を前面に押し出しながら、実際叙述の中心になるのは大久保ではない実際交渉にあたった人々、という箇所がけっこうある。「大久保」を前面に出すのなら、政治過程史的に外交史を描くのは無理があるようにも思えた。

    あとは、結局この時期の東アジア外交が何だったのかという評価に欠ける気もする。「大久保外交」は結局それ以降の日本の対外進出の起点だったのか、ということである。「戦争を回避して東アジアでの地位を確立する」という大久保の構想そのものの評価がないように思う。

全1件中 1 - 1件を表示

勝田政治の作品

大久保利通と東アジア: 国家構想と外交戦略 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大久保利通と東アジア: 国家構想と外交戦略 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大久保利通と東アジア: 国家構想と外交戦略 (歴史文化ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

大久保利通と東アジア: 国家構想と外交戦略 (歴史文化ライブラリー)の作品紹介

征韓論政変後、大久保利通は近代国際法に準拠し、華夷秩序の打破に向けた積極的な東アジア政策を展開した。そのなかで大久保がめざしたものとは何か。樺太問題、台湾出兵、清国との交渉、琉球併合、江華島事件、日朝修好条規締結…。異なる秩序がぶつかる「対立・相克」の具体像と、戦争を回避した「妥協」の要因を、国家構想との関連で描く。

ツイートする