よみがえる古代山城: 国際戦争と防衛ライン (歴史文化ライブラリー)

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
著者 : 向井一雄
  • 吉川弘文館 (2016年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784642058407

向井一雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン ワ...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

よみがえる古代山城: 国際戦争と防衛ライン (歴史文化ライブラリー)を本棚に登録しているひと

よみがえる古代山城: 国際戦争と防衛ライン (歴史文化ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

よみがえる古代山城: 国際戦争と防衛ライン (歴史文化ライブラリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

よみがえる古代山城: 国際戦争と防衛ライン (歴史文化ライブラリー)の作品紹介

中国大陸の諸勢力からの侵略を何度も受けた朝鮮半島にルーツを持つ日本の古代山城(さんじょう)。北部九州から瀬戸内に集中して築かれ、一見大陸からの防衛ラインをなしているが機能したのか疑問点も多い。史書など記録に残る「朝鮮式山城」に対し、記録に残っていない謎の遺跡「神籠石(こうごいし)系山城」を中心に考古学から実態に迫り、新たな古代山城の姿を描き出す。

よみがえる古代山城: 国際戦争と防衛ライン (歴史文化ライブラリー)はこんな本です

ツイートする